行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

これだけインターネット時代になったとはいえ、いまだに必要なファックス。商売やっている人にとっては必須のもので、まだ、あと、10年くらいは残りそうだな。

商売をやっている者として、必須のアイテムがファックス。

 

商売のやり取りで、ファックスを送ります、とか、ファックスで送ってください、っていう文言が飛び交うのが、現時点においての現実といっていいでしょう。

 

我が、行政書士寺村事務所に関しても、通常の商売用の電話回線を1つと、ファックス用の回線を1つ。併せて、固定電話回線を2回線引いています。

 

これだけインターネット時代になったとはいえ、いまだになくならないファックスというもの。

 

相手が、それを望むのであれば、こちらも、当然、それに応えなければならない。

 

ただ、行政書士寺村事務所は、ファックスモデムとファックス対応プリンターによる、対応で、通信プロトコルとして、ファックス回線を使用しているだけで、一切、紙切れ1枚も使っていない。もちろん、電話機もファックス機能なんてない、普通の電話だけ。

 

電話回線は、さすがに、1回線必要だけど、ファックスソフトとして、まいとーくファックスというソフトを利用。印刷先を、まいとーくファックスにすることで、相手のファックス番号を入力し、あと、送付文を画面上で打ち、画像データがあれば、それも含めて、送信すれば、ファックスモデムから、相手ファックスに届く仕組みだ。

 

だから、いちいち、ファックスする内容をプリントアウトして、それを、セットして、番号を押して、送信する必要がない。

 

また、受信は、最初は、パソコンの電源を入れっぱなしにして、ファックスモデムを利用していたけれど、プリンターがファックス受信機能も持っているので、プリンターさえ、電源を入れておけば、パソコンの電源を落としていても、自動的にプリンターがファックスを受け取ってくれる。

 

プリンターがファックスを受け取ると、パソコンの電源を入れたとき、あるいは入れているときに、画面右下に、ファックスが届きましたよ、ってメッセージがあらわれて、特定のフォルダにそれが保存されており、それを画面上で見ることで、相手から送られたファックスを見ることができる。

 

つまり、送る際も、受ける際も、一切、紙を使うことなく、あくまで、通信プロトコルとして、ファックス回線を使うだけであって、基本的にすべてディスプレイ上でのファックスのやり取りができる。

 

これがいいのは、普通なら、アナログをデジタルに変換し、デジタルで送信したものを、さらにアナログに変換するところを、最初の、AD変換の作業がないので、いきなり、デジタル信号を相手側に送ることによって、より鮮明な画像を相手方に送ることができるということ。

 

もちろん、その逆も同じで、相手がアナログからデジタルに変換して、送付したものをそのまま、デジタルのまま受け取ることができるので、アナログに変換するより、より鮮明な画像を受け取ることができるということ。

 

もちろん、相手側が、わたしと同じような、ネットワークファックスを会社で利用されているのであれば、より、鮮明に文書や画像のやり取りができるということになります。

 

このファックス回線を利用した通信。さすがに、あと、10年もすれば、なくなるのかもしれませんが、現段階では、対、相手側とのやり取りは、メールでできるところはいいのですが、相手がどうしてもファックスをっていう希望を持っておられたら、それに対応しなければならない。

 

でも、ファックスモデムとファックス対応プリンターのおかげで、紙を使うということがないことはいいことをしているとは思うんだけどね。

 

まだまだ、テレビやラジオで、視聴者から意見をもらうとき、最近こそ、Twitterやメールってのが一般的だけど、年配者にとっては、まだまだ、それに対応できない人もあるので、かならず、ファックス番号も一緒に伝えているのが現状です。

 

今後、このファックスっていうものが、どういう位置づけになるのか、ってのは、興味深いところですね。