行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事をやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

なんか、新型コロナウイルス、オミクロン株が、とんでもないことになってるけど、これって、もはや、今後の旅行は、誰ひとりいかせません!っていうことなのかな。

せっかく楽しみにしていた2月の長崎旅行も、このオミクロン株の影響で、キャンセル。

 

3月の3連休も、予約をしようにも、今後、オミクロン株の影響があるから、予約もできないよなあ。

 

旅行の予約ってのは、たいていは、2ヶ月、あるいは3ヶ月前から予約して、それによって、比較的安い料金で、交通費や宿泊費を軽減できるってことなんだけど、コロナが落ち着いていた時に予約したものは、今となっては、感染者の急増で、結果的にはキャンセルせざるを得ないことになってしまったんだけど。

 

じゃあ、今、1月だけど、3月や4月の旅行の予約ってのは、いったいどうなんだろう、って話になっちゃうよね。

 

いちばんの問題は、飛行機をどうするか、ってことだけど、JALANAなら、キャンセルは、比較的安いキャンセル料金で対応できるけど、LCCは、一度予約して、キャンセルしたら、ほぼ、100%帰ってこない、ってことを考えれば、この時期、LCCを予約するのはやめたほうがいいよね。

 

JALにしても、ANAにしても、少なからずのキャンセル料金も払わなきゃいけないし、この3ヶ月先の状況を、自分で判断して、それでもよければ予約してね、っていうことだけど、それだと、なかなか、このコロナの影響を判断することもできないし、仮に、LCCであれば、コロナの影響関係なく、キャンセル料金はほとんど帰ってこないことを考えれば、今は、旅行を予約する時期ではないのかな、ってことは思うけど。

 

であっても、旅行は行きたいし、実際、ネットで予約しようと思えば、いくらでも、予約できるわけだし。

 

だからといって、じゃあ、2ヶ月後、3ヶ月後の、コロナの状況を把握できるわけもなく、だったら、予約はやめておこうか、っていう結論に至ってしまうんだけどね。

 

せっかく、コロナウイルスの影響がほぼなくなったと思っていたのに、今になって、とんでもない状況になったことによって、旅行の自由も奪われてしまった事に、なんだか、とてもさびしい気持ちになってしまうし、じゃあ、いつになれば、誰にも、文句を言われずに、気持ちよく、旅行に行けるのか、ってことを思いながらも、まあ、現状を把握しながら、今後の旅行の予定を、まあ、コロナが落ち着けば、っていう想定のもとで、いろいろ考えなきゃいけないのかな、って思うだけですけどね。

 

#新型コロナウイルス

#旅行

#長崎旅行

#中止

自宅の周りは、まだ雪が多く残っているけれど、自宅敷地内においては、今日になって、完全に雪のひとかけらもなくなった。雑草も少しあったので、除草剤をまいた。このまま、春がくればいいけどね。

自宅の周りのおうちは、まだまだ、多くの雪が残っているんだけど、自宅に関して言えば、せっせと除雪作業をしたおかげ、ってことでもないんだけど、自宅敷地内においては、すべての雪がなくなった。

 

で、雪が積もる前から、ちょっと雑草が生えていることが気になっていたので、しばらく天気もよさそうだし、ホームセンター、カインズで買った、液体の除草剤を、雑草が生えているところを中心にまきました。

 

なんだか、この1週間の天気予報を見ても、雪はもちろん、雨も降りそうもないし、気温も、高め安定的な感じだし、できれば、このまま、雪も積もらずに、春になってくれればいいんだけどね。

 

長期予報を見ても、この先、そう大きな雪が積もるような感じでもないし、まあ、状況を見ながら、できれば、自動車のタイヤも、2月という時期ではあるけれど、夏用タイヤに変えてもいいのかなあ、とかも思いながらも、いやいや、今年の冬は、この先、どうなるかわからないよ、ってことも感じるから、まあ、タイヤ交換は3月まで待つことになるとは思うけど。

 

ってか、昨年の5月に契約した、トヨタ、ヤリスクロスは、いったいいつになれば、納車になるんかい!っていうのがあるんだけど、ここに来て、また、トヨタの工場が停止した、なんてニュースを見る限りは、ヤリスクロスの納車は、早くて、3月、場合によっては、4月、5月と遅れているのかな、って感じですけどね。

 

ヤリスクロスの冬用タイヤを用意していないので、まあ、それも、仕方ないか、っていう感じだけど、ここまで納車が遅れるとは、まったく、予想もしていなかったので、本当に、コロナと半導体不足には、それが、仕方ないことだとはわかっていても、さすがに、ちょっと、いくらなんでも、って感じはあるんだけれど。

 

まっ、なるようになれかな。今になって、誰に責任追及することもできないし、コロナウイルスという、なんだかわかんないものと、半導体不足という、これもわかんないもののおかげで、こうなったわけだし、これは受け入れなければいけないことだしね。

 

今は、まずは、愛車ダイハツムーブのことだけ考えよう。

 

今後の雪の状況を見ながら、場合によっては、早い段階でのタイヤ交換ってのも考えてもいいし、3月まで待って、タイヤ交換するのもよし。

 

いずれにしても、ダイハツムーブのタイヤ交換は、この冬が最後になるとは思うので、まあ、じっくりって感じかな。

 

スタッドレスタイヤは、雪には強いんだけど、普通に走行するには、やっぱりうるさいし、できれば、雪が積もらないっていうことであれば、早く、夏用タイヤに交換したいとは思っているですが。

 

今年の彦根の冬は、彦根地方気象台の観測史上の記録を塗り替えるくらいだから、異常と言っていいとは思うけれど、まあ、こういうこともあるし、それは、そこに住む人間にとっては、対応していかなきゃいけないことだしね。

 

でも、これまで苦しんだ雪も、なんだか、これは、僕の勝手な思いではあるのだけれど、たぶん、もう、雪はつもらないんじゃないかな、って思っています。

 

確証なんてまったくありませんが、なんとなく、っていうことですかね。

 

このなんとなく、っていう僕の思いは、けっこう当たるので、来月になって、気象庁の長期予報を見て、2月になれば、場合によっては、自動車のタイヤ交換を早めにしようかな、ってことも考えています。

 

まあ、いろいろと書きましたが、本当に今年の彦根の冬は、大雪、豪雪に惑わされました。

 

おそらくではあるけれど、今年の彦根の豪雪を、はじめて知ったっていう人もいるだろうし、昭和56年、昭和59年の豪雪を思い出した人も多いのかもしれません。

 

とくかく、今年は、彦根においては、彦根地方気象台の過去の常識をくつがえすような豪雪となったことは確かであり、それが、多くの人がつらい思いをして、経済的な損失もあり、また、彦根に住む人にとってみても、食料調達などで、お年寄りなどにも、たいへんな思いをされた人が多かったと思う。

 

彦根って、基本的には、あまり雪がつもらないところではあるのだけれど、ごくごく、たまには、こういうこともあるんだよ、っていうことを、今回は、多くの彦根市民はわかったと思うし、この教訓を忘れずに、今後の、彦根での暮らし、っていうことを、もう一度考えてもいいんじゃないか、っていうことがわかった、いい冬になったのではないかって思うばかりです。

 

#彦根

#豪雪

 

今日になって、自宅敷地内の雪が、ほぼ、全部無くなったわ。年末からの豪雪に悩まされたけれど、このまま、雪が積もらずに春になればいいんだけどね。

昨日は、土曜日ということで、役所はお休みなので、僕も、自宅内でやる仕事はあるものの、時間的な制約を受けないので、この時間を利用して、自宅敷地内の雪のかたまりを無くすべく、自宅敷地内の雪を、前面道路にまき散らすことによって、ほぼ、自宅敷地内の雪が無くなった。

 

前面道路に自宅敷地内の雪をまくことは、ちょっとは罪悪感があるけれど、まあ、こうすることが、自宅敷地内の雪を無くするためには、いちばん手っ取り早い方法だってわかっているから、前面道路を通る自動車の人には悪いけど、その方法をとったんだけどね。

 

昨日、自宅敷地内の雪を前面道路にまき散らすことによって、今日は、そのまき散らした雪も、自動車が踏んでくれたり、もともと、地面の暖かさもあって、ほぼ、消えて、これで、自宅敷地内の雪は、ほぼ、すべて、消えることになりました。

 

気象庁の天気予報を見ると、ここ彦根においては、少なくとも1週間は、雪が降ることはなさそうで、できれば、このまま、雪が積もることなく、春の季節になってくれればいいんだけどねえ。

 

せっかく、左腕の損傷も、ほぼ、完治したような感じもあるし、もう、雪かきをしなくちゃいけないことがない限りは、このまま、左腕も正常に戻るのかな、っていう期待もあるしね。

 

それにしても、今年の彦根における雪は、すさまじいものがあったと言っていいんだろうとは思います。

 

もちろん、記録的にも、気象庁の記録をとりかけてから、最高の記録を塗り替えたこともあり、今年の雪が、いかに異常な雪だったかってこともあるし、彦根に住んでいるひとにとっては、生まれてはじめての豪雪だったってことになりましたね。

 

なんか、地球温暖化って言われているけれど、じゃあ、今年の、この彦根の雪は、地球温暖化をうたう人にとって、これはどうなの?って言いたくもなりますけどね。

 

夏に、気温が最高を記録すれば、「これは地球温暖化です」なんて言われるけれど、冬に、雪が、とんでもない豪雪になったときは、「地球温暖化」を言う人はどう説明するのかな、って思うけどね。

 

まあ、そんなことはどうでもいいんだけど、今年は、特に彦根においては、とんでもない豪雪となったことは確かで、これが落ち着いた今、もう雪は、そうは降らないとは思うんですが、まだまだ、あと、2月っていう時期があるので、また、年末と同じような豪雪が来ないようには祈っていますが、果たしてどうなることかな、っていうのもありますけどね。

 

もう、雪はいらないです。雪が積もっていいことは、琵琶湖の水位が平年か、それ以上に復活したことくらいじゃないですか。もちろん、それはそれでいいことではあるけれど、そこそこの雪で、そこそこ琵琶湖の水位が戻れば、ってだけで、大雪の影響で、交通や、物流に影響がでるのは、もう勘弁してください、っていうことですね。

 

まだ、わかりませんが、このまま、少しくらいの雪ならいいですけど、年末の豪雪になるようなことは、なんとかないように祈るばかりです。

 

#彦根

#豪雪

#物流

 

今日は、京都市付近が、記録的な雪となったようですね。ほんとうに、今年の雪には、困ったものです。今日、彦根はたいしたことはなかったんだけど、守山市付近は、けっこう雪が積もっていて、このあたりの人にとっては、たいへんな思いをされたんじゃないかな。

今朝も彦根は、雪が降って、まあ、ほとんど積もるっていうわけではなかったんだけど、わずか1センチの雪でも、道路は、その1センチの雪が、完璧に凍っているので、朝の車の運転は、ほんとうに、気をつけて、気をつけて走って、事なきを得たのですが、朝、10時を過ぎれば、道路の雪も解けて、普通に走れるようにはなりました。

 

仕事で、守山市へ行く予定でしたが、午前中の走行は避けて、午後からの出発となりましたが、昨日も、守山市にいったのですが、けっこう雪が降っていて、今日はどうなのかな、って思ったら、守山市付近においては、確実に彦根市より多い積雪があったのには、びっくりでしたね。

 

京都市で、10センチ以上の雪が積もったという情報を得ていたので、守山市あたりも、かなりの雪が積もっているのかもしれないな、とは思っていたけれど、まあ、自動車の走行には問題ないものの、道路脇の田んぼは、真っ白で、守山市でこれだけの雪がつもったのは、かなりめずらしい事象だったかもしれませんね。

 

今日は、雪が多かったものの、気温が昼間においては、けっこう上がったので、徐々に解けて、夕刻には、ほとんど、雪が姿を消すようなことになってよかったとは思いますが、守山市から彦根市へ帰る途中で、ちょうど、野洲川にかかる橋を渡っている時に、何人かが、車を止めて、なんか、写真を撮っているな、って思って、左側を見たら、比良山系が、多くの雪の影響で、真っ白になり、その姿が、とても幻想的で、とてもきれいだったので、多くの人が車を止めて、写真を撮っていたのが印象的でした。

 

僕も、車を止めて、SNSにあげようか、なんてことも思いましたが、どうせ、こんな景色は、多くの人がSNSにあげているだろうから、わざわざ僕が、SNSにあげることもないか、って思って、そのまま、車を走らせましたけどね。

 

自宅に帰ってから、今日の比良山系の雪の姿を、いったい何人があげているのかな、って思ったけれど、検索しても、案外、上げている人がないので、ああ、それならば、僕が写真撮って、上げればよかったのかな、って、ちょっと残念でしたが。検索の仕方が悪かったかもしれず、明日になれば、あの幻想的な比良山系の姿が、きれいな写真として、SNSに上がるとは思いますが。

 

まあ、自分自身、写真じゃなくて、自分の目で、とてもきれいな情景を記憶として得られたので、それだけでよかったですけどね。

 

さて、この冬。一応、天気予報では、今後、1週間は、雪の影響はなさそうで安心はしているけれど、2月になれば、また、荒れる天気になるのかどうかはわからないし、春になるまでは、まだまだ、予断を許さない時期が続くだけに、今後のことを考えると、ちょっと気持ちがブルーになっちゃいますね。

 

とりあえずは、年末の豪雪における、今の彦根に残っている雪が、早く解けてくれて、自分の目から、雪が見えなくなることを希望しますが、場所によっては、まだ、1m以上の雪が残っている現状からすると、果たして、いつになれば、それが消えるのか、ってのも思いますが。

 

あとは、もう、降雪がないように祈るばかりです。もう、本当に、雪は不要です。まあ、おかげで、琵琶湖の水位もかなり上昇した、っていういいこともあるけれど、それでも、もう雪はいらんわ。

 

#彦根

#守山

#雪

#京都

滋賀の雪。今冬は異常だわ。年末は、彦根の豪雪でまいったけれど、今日なんか、守山あたりもけっこう雪が降っていたしね。滋賀県って、そんなに雪が積もるところじゃないんだけど。

昨年末の彦根の豪雪は、本当に、まいったけれど、実は、その前に、彦根では、12月の中頃にけっこう雪が積もって、その時は、彦根と東近江の雪がすごかった。逆に、長浜なんかの滋賀北部は雪が積もらなかったしな。

 

彦根においては、たいていは、12月に雪が積もるってことがないので、長年、彦根に住んでいるけれど、自動車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換するかどうか、っていうのは、けっこう悩むところで、どうだろう、ここ数年は、確か、スタッドレスタイヤへの交換をしなかったような記憶があるのだけれど・・。

 

昨年は、もしかするとスタッドレスタイヤに交換したかもしれないけれど、一昨年だったかは、夏用タイヤのまま、ひと冬を過ごしたかな、って記憶があるくらいだから、今年の冬は、本当に、彦根においては、豪雪だっていうことになるよね。

 

この冬は、彦根において、積雪が観測されたのは、もう、5回、いや、6回くらいかな。それも、1センチとか2センチならいいけれど、いずれも、5センチ以上の積雪が観測されているのは、どうだろう、僕の記憶の中でも、たぶんはじめてのことじゃないかな、って思う。

 

年末の73センチの積雪は、もはや、これまでの彦根地方気象台の観測を始めてから、最も、1日の積雪量が多かったってことで、気象庁の記録にもなったくらいの大雪だってことだったしね。

 

今日は、仕事をする前に、まずは、家族を、仕事のために職場まで送っていくことになったことをはじめ、今日は、長浜、彦根、東近江、守山と自動車を走らせたんだけど、どうだろう、一日中、雪の中を走っていたように思う。

 

長浜、彦根は仕方ないとはいえ、東近江は、まあ、それなりの覚悟はしていたものの、守山までが、雪が積もるくらいの大雪だったので、「おいおい、守山でもこの雪かい!」って思うほどの雪が降っていて、道路の上も白くなるような感じだったから、守山で、ここまで雪が積もるのは、たぶん、かなり長い間なかったことだと思う。

 

なんだか、今年の冬は、本当に異常といっていいような、雪の影響が、滋賀に影響をおよぼしているのは確かであることは確かなんだろうね。

 

気象庁の記録的にも、たぶん、ここ、数十年以来、っていう雪なんだと思うから、また、気象庁のデータを分析して、このブログに書いてみたいとは思うけど。

 

個人的には、年末から続いている、毎日の雪かきで、特に左腕の損傷が激しく、もはや、左腕が、まともに、動いていない状況が続き、左手でコーヒーカップを持てないっていうことが続いていて、これが、今日も左腕を使った雪かきをすることにより、まったく、元に戻らない。

 

左手で、カップを持とうと思うと、左手に過度な重さになるんだろうね。左手が、震えておもわず、こぼしそうになるので、右手を添えて、両手でカップを持たないとだめな状況が続いているし。

 

明日の朝も、たぶん、雪が、何センチか積もっているんだろう。そのために、また、雪かきをしなくちゃいけないから、左腕に負担をかけることになるだろう。

 

そのために、コーヒーを飲むためには、両手で、カップを持つことになるだろうけど、もう、だからといって、雪かきしないわけにもいかないしね。

 

体調不良は、なんとか、落ち着いたものの、残雪の処理のための毎日の雪かきで、左腕はすでに、悲鳴をあげていて、こうやって、キーボードはたたけるのだけれど、左腕だけは、まるで、他人の腕のような感じが続いているし。

 

まあ、だからといって、どうしようもない話をしても仕方ないけれど、今年の、彦根の雪は、本当に参った、ってことが伝えたくて、です。

 

明日の朝は、たぶん、大丈夫そうで、これで、今年の冬の、彦根の雪が、これで終わり、っていうことであれば、本当に助かるんだけど、まだまだ、今年に関しては、油断はできない、ってことだと思うし、もうこなったら、雪と心中という気持ちでいかなきゃ、やってらんねえ、っていう気持ちもあるから、もうなるようになれ、って感じです。

 

とにかく、今年の彦根の雪には参った。もう、限界。勘弁して。

 

#彦根

#滋賀

#豪雪

 

楽しみにしていた長崎への旅行を取りやめ。この状況じゃあ、仕方ないよね。また、行ける時がくれば、その時は、楽しみたい。

まず、このブログを読んでいただいていたみなさまに、年末から続いた体調不良により、ブログ更新ができなかったことをお詫び申し上げます。

 

まだ、完全ではありませんが、ほぼ、元の体調に戻りつつあるので、また、ブログを書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

 

さて、来月、2月11日からの3連休に、長崎への旅行を決めていて、楽しみにしていたのですが、この、新型コロナウイルス、オミクロン株が、すさまじい勢いで感染者を増やしており、行き先の長崎県においても、まん延防止等なんとか、ってことで、不要不急の外出は控えてください、っていうお達しがあったので、今回、残念ながら、飛行機、宿泊、レンタカー、すべてを、今日、キャンセルしました。

 

宿泊とレンタカーは、キャンセル料金不要だったんだけど、飛行機代は、1,500円あまりのキャンセル料金を払ってのキャンセルとなりました。

 

飛行機は、日本航空だったので、LCCとは違って、1,500円あまりのキャンセル料金だけで、3万円あまりの当初の飛行機代がほぼ帰ってくるってことだから、これならば、ってことで、キャンセルを決めたけれど、これが、LCCだったら、ほぼ、100%帰ってこないので、旅行の飛行機が、日本航空全日空以外だったら、果たして、キャンセルということになったかどうかは、わかんないけどね。

 

今回の飛行機の予約をとった時期は、日本においては、新型コロナウイルスの感染者がほぼ、ゼロに近い形で推移していた時期だから、これなら大丈夫だろう、ってことで、予約をとったものの、まさか、今になって、オミクロン株の影響で、これだけ感染者が増えるなんて、まったく思ってもみなかったしね。

 

長崎は初めてだから、長崎市、いや、長崎県のいろんなところへ、どういう行程で行くか、っていろいろ調べていただけに、今回の旅行キャンセルは、ほんとうに残念で仕方ないよね。

 

今年は、実は、3連休っていうのが多くって、2月の11日からの3連休や、3月にも、3連休があるんだけど、まず、2月の3連休は、残念ながら、ってことでキャンセルしたけれど、このままでいくと、3月の3連休も、なかなか、予約してもどうなのかな、ってことがあるから、なかなか予約することもできないよね。

 

3月になれば、さらにひどい感染者の増加ってこともあるだろうから、どうやら、この冬の旅行はあきらめたほうがいいのかもしれないね。

 

春になれば、これは勝手な思い込みではあるけれど、新型コロナウイルス感染者の数も、少なくなって、落ち着いてくるのではないか、って思うし、その時を狙って、春になれば、北海道への旅行も可能になっているのかもしれないから、それまでは、状況をみての判断になるのかな、ってことは思っていますが。

 

とにかく、しばらくは、体調不良とも相談しながら、仕事をいかにスムースにさばいていくか、っていうことに力をそそいでいかなくちゃ、ってことだけ考えています。

 

体調不良がなくなって、仕事もこなしながら、もし、また、旅行にいけるような状況になれば、誰にも怒られることなく、誰にも遠慮せずに、ゆっくりと旅行を楽しめるような時期がくれば、その時は、思いっきり、旅行を楽しみたいとは思います。

 

今は、まずは、体調不良を治し、仕事をやりとげ、それから、はじめて、旅行という楽しみが待っている、っていうことで時間が推移することになると思いますが、なにより、新型コロナウイルスのオミクロン株が、もう少し、落ち着いてくれればいいのにな、っていうことだけ祈っているのが現状かな、って感じですかね。

 

#旅行中止

#オミクロン株

#体調不良

彦根の豪雪。今日になっても、あちこちで道路の渋滞が発生。もはや、国、県、市ではどうしようもない状況だと思うが、生活に支障が出て、命にかかわるようなことになるのだとすれば、自衛隊の出動も必要なのではないかな。知事はまったくそんな考えはなさそうだけれど。

もはや、この彦根の豪雪には、自動車の運転は無理ってことはわかっていて、今朝、息子は仕事納めだったんだけれど、悪いけど、会社まで歩いて行ってくれ、と頼んだんだけれど。

 

昼前に、近くのスーパー、ビバシティ彦根まで歩いて行くつもりだったんだけど、ちょっと他にどうしても行く用事があり、やばいかな、って感じながら、自動車を駐車場から出す羽目になった。

 

で、いきなり、自宅前の道路でスタック。まあ、わかっていたけれど。車を降りて、タイヤ下の雪を取り除こうと思っても、雪が圧雪されカチンコチンの状態で、なかなか、取り除けない。幸いにも、お向かいさんが、金属製スコップで自動車のタイヤ前輪の雪を取り除いていただけたので、無事に、前面道路まで進出。

 

雪国出身の僕が、彦根の人に、助けをいただくとは・・、と思いながらも、なんとか、除雪された道路に進出することに成功。お向かいさん、ありがとうございました。

 

まずは、食料調達のために、ビバシティ彦根まで。ビバシティ彦根は、昨日も歩いて行ったけれど、立体駐車場のスロープに、融雪用の水がまかれているので、比較的容易に、立体駐車場への駐車に成功。

 

昼メシは、たぶんないだろうけど、晩メシは、なんとか工夫すれば、なんとかなるって信じて行ったのだけれど、案の定、肉系はほとんど無し。

 

あと、おにぎり、寿司系も、高いものを除いては、まったくなし。

 

昼から高級な寿司を食うわけにもいかないので、カップラーメンを購入。

 

今日の昼はカップラーメンにってことになりました。

 

あと、晩メシは、肉がないけれど、魚系はありましたので、タラ鍋にすべく、タラと、ホタテ、あとは、白菜、ネギ、シイタケ、エノキを購入して、今晩の夕食は、タラ鍋として、生きていくことができそうです。まあ、こんな中で、ぜいたくですね。

 

白菜は、昨日よりだいぶん少なくて、残り少ない中から手に入れることはできましたが、明日も仕入れが無理だと、明日の夜は、白菜抜きの鍋になるかもしれないですね。

 

買い物が終わって、次の用事のために、目的地まで行ったのですが、その帰り。これが、また、大型トラックがスタックしているということで、あと、自宅まで500mというところで、まったく車が動かない状況に。

 

どうやら、国道8号の高宮交差点で、大型トラックがスタックして、高宮交差点がまったく動いていないってことを、たまたま、走ってきたパトカーがスピーカーで伝えていた。

 

なるほど、そうであれば、もはや、この道を通っての帰宅は不可能と考え、急遽Uターンして、自宅から、遠く離れた道路を遠回りして、最短で帰れるコースを、まわりの状況を見ながら判断して、おかげで、なんとか、自宅まで帰れることができました。

 

彦根は、今でも、とんでもない状況になっています。

 

今日のビバシティ彦根も、生鮮食料品はほとんどなし。コンビニには、駐車もできない状況であれば、もはや、コンビニの中には、ほとんどの食料品はないっていう状況でしょう。ってか、まず、自動車を駐車することすらできない状況だからね。

 

お年寄りの中には、宅配サービスで、野菜などの食料品を自宅まで運んでくれるサービスっていうのもあって、多くの高齢者の一人暮らしとかは、それを利用しているのでしょうけれど、基本的に、ここ彦根においては、流通というものが停止してしまっている状況なので、本来、自宅に届くはずの食料が届かないっていう状態が、少なくとも2日は続いているっていう状況だわな。

 

これって、明日になれば解消するのか、ってことにはならないことは、この状況を見ればわかるので、このままだと、明日も明後日も、まともに、道路の渋滞がなくなることは絶対にないとは思う。

 

そうであれば、この状況を打破するためには、もはや、国、県、市の対応だけでは、不可能だろう。ここは、もはや、人命に関わることであれば、自衛隊の出動っていうのも考えなくてはいけない、いや、自衛隊の出動が必須であるとは思うけれど、それに対して、滋賀県知事は、まったくその考えはなさそうだ。

 

雪がまったく積もっていない大津で、のんびり暮らしている滋賀県知事には、この彦根の状況、それによって、死ぬ人がいるかもしれない、っていうことが、はっきり言って、理解しているのかどうか、ってのが気になる。

 

もう、本当に災害なんです。彦根においては。

 

別に、自衛隊を出動させて、普通の生活に戻してくれ、って言っているわけではない。

 

僕らみたいに、歩けるひとは、例え、カップラーメンであっても、なんとか空腹を補えることはできるけれど、高齢者の一人暮らしとかは、そうではない、ってことがわかっているのかな。いや、それを伝えなきゃいけないのかな。

 

マジで、この豪雪で、死ぬ人がでるかもしれないし。後になって、ああ、あのときに、自衛隊を出動しても、死ぬ人がなくなるようにすればよかった、なんてことになれば、その時は、滋賀県知事が、殺人者となると言っていいとは思うがどうだろう。

 

ここまで言うのは、本当に今の彦根が、とんでもない状況が続いているってことなんだよ。確かに、気象台のアメダスでは積雪量が減ったから、もうこれで、ピークは過ぎたか、ってことなんだろうけど、雪のピークは過ぎても、流通のピークは、今日、明日、明後日と、ますます悪くなっていく可能性もあるしね。

 

そのことを滋賀県知事は理解しているのか、もし、理解しているのであれば、さっさと、自衛隊の出動を決めてもいいかとは思うけれど、なんだか、豪雨や、台風や、地震や、ってことじゃないと、なかなか、自衛隊の出動を要請できない、ってことであれば、豪雪の被害っていうのは、それと同等か、あるいは、それ以上の被害を被ることになるっていうことをお伝えしたいし、それを理解して欲しいとは思うのだけれど。

 

#彦根

#雪

#災害

#自衛隊