行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事をやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

池袋における、高齢者事故の件で、被告は、刑の執行停止を求めず、ってことらしいが、すべて計算ずくのことみたいに思える。収監は、されるか、されないか、ってことを、自分の意思でするわけじゃないしね。

池袋、高齢者で、まともに自分で歩行することもできない高齢者による、悲しい事故について、禁固5年の判決が出て、それに対して、控訴することなく、刑が確定したようだ。

 

被告も、収監されることに了承をしている、っていうことだけど、この収監を決めるのは、被告ではなく、検察の判断によるところなんだろうね。

 

news.yahoo.co.jp

 

結局、裁判では、被告は、一切、自分の過失を認めず、あくまで悪いのは、プリウスを作ったトヨタだとの主張は一切変わっていない。

 

今回、刑が確定したとして、このまともに歩けない90歳の老人を収監することは、まあ、普通に考えて無理ということになるんだろう。

 

被告は、その事も、被告弁護士と協議のうえ、今回、収監されることに異存はない、という発言をし、そのことが、反省の姿だということを考え、このような発言になったようなことなんだろうね。

 

根本的な話をするけど、この事故により、亡くなったり、あるいはケガをした被害者遺族、親族は、このような結果を望んでいたのだろうか。

 

違うだろう。被害者遺族、家族は、もし、この被告が、

 

「わたしは、ブレーキを踏んだつもりだったのですが、客観的に判断して、わたしが、ブレーキとアクセルを踏み間違え、その結果、人を殺め、ケガをさせてしまったことは間違いがありません。このことから、わたしが犯した罪は大きく、遺族、被害者家族には、こころよりお詫び申し上げます。すべては、わたくしの責任であり、本当に申し訳ございませんでした。」

 

って、裁判で伝えれば、被害者遺族、家族も、どんだけ救われただろう。

 

ただ、今回、最後まで、

 

「自分に非は一切ない。自動車メーカーのシステムのエラーにより、結果的にはわたしの自動車が事故を起こしただけで、基本、わたしは悪くはないが、結果として、人を殺めたことは承諾する」

 

、っていうことであれば、それは、被害者遺族、家族にとっては、いつまで経っても、この事故は終わらない、って感じているのではないだろうか。

 

この被告は、弁護士からの忠告で、自分の意思を貫いたうえで、収監されない方法を取得したんだろう。それが、今回の、収監されることに対して、異論はない、という発言に至ったものだと思う。

 

まさに、本当の悪知恵を働かして、なるほど、これで、自分の主張も認められ、収監もされない、最適の方法か、っていういちばんいい方法を選択したんだろうね。

 

被害者遺族は、こんなことを望んでいたのか?違うだろう?自分のミスを認めて、こころから謝ってくれれば、って思っていたんじゃないか。

 

これでは、被害者遺族はは、いつまでたっても、終わりにならない。

 

こんな結果になることは、決して希望していなかったはずだ。

 

今回の事故で、国は、本当に、特に高齢者の免許更新制度に対して、早急に、本格的に論議していただき、1日も早く、運転不適合者には、運転をさせない制度を作り上げて欲しい。

 

このような悲しい事故が、二度と発生することのないような交通社会と、もう二度と、悲しい事故が発生しないことを祈るばかりだ。

 

#池袋

#事故

#高齢者

#上級国民

 

台風14号が、金曜日から土曜日にかけて、近畿直撃。その時は、温帯低気圧になっているかもしれないけれど、災害には気をつけないとね。

猛烈な台風だった、台風14号が、一気に方向を変更し、東へ。

 

日本列島を狙って、今、動きを進めているようだね。

 

中心気圧は下がったものの、台風という形でくるのか、温帯低気圧という形でくるのかはわからないけれど、金曜日から土曜日にかけては、近畿は大荒れの天気になることは間違いがなさそうだね。

 

今年、自宅のカーポートを設置したんだけど、風速20~30mとかで、飛んでしまうカーポートではなく、ちょっとお金をかけて、風速46mまで対応できるカーポートにしたので、大きな風が吹いても、カーポートは大丈夫だっていう確信があるので、そこは心配はない。

 

ネットで知り合った人、不特定多数の人とのチャットで、カーポートを設置したけど、ちょっと強い台風で、カーポートが、つぶれちゃった、っていう言葉も聞いてきたので、自宅のカーポートだけは、最低限、台風が来ても、つぶれないようなカーポートにしたことは、もちろん、その分、お金も高かったけれど、どんな台風が来ても大丈夫だ、っていう安心感を得られることは、本当にありがたいことだ。

 

逆に、ご近所の、カーポートの中には、風速30mで、つぶれそうなカーポートも多いし、それが、風に飛ばされて、自宅に飛び込んでくれば、いくら、自宅のカーポートが安全だとはいっても、どうなることかはわからないけどね。

 

今回、風はそれほどでもなさそうだけれど、雨は、そこそこ降りそうだし、まさか、近くを流れる河川が氾濫の恐れがある、なんてことはないとは思うけれど、まあ、世の中、いつ、どこで、どんなことが発生するか、っていうのは、いくら事前の知識があって、市役所のハザードマップで大丈夫、ってわかっていても、絶対に、被害がない、っていうことは、100%言えないわけで、その時が来たときの対応は考えなければならないことも事実でもある。

 

今回、自分の身には、被害がないとしても、他の、日本の中で、被害が出ることのないように、こころより祈るばかりだ。

 

#台風14号

#近畿直撃

 

宣言どおり、今日も、Tシャツ、短パンで外出した。どうだろう、僕以外に短パンの人はいなかったかな。それでも、とても気持ちいいので、9月末までは、Tシャツ短パンでいくつもりだけど。

この9月なかばっていう季節で、どういう服装をすればいいのか、ってことは、前のブログでも書いたけど、今日も、僕は、Tシャツ短パンで過ごした。

 

でもって、いろんな公共施設に行ったけど、僕のような、Tシャツ短パンの人は、実は、一人も見受けなかった。

 

公共施設と、スーパーだけど、男性で、Tシャツ短パンの人は誰もいなかったなあ。

 

だけど、今日はけっこう暑かったよね。長ズボンをはく必要があるのか、っていえば、そうでもないように思うし、僕が、Tシャツ短パンでいることに、誰が違和感を感じるか、ってことに関しては、前のブログでも書いたけれど、誰も、女性が、還暦を超えた人間の姿形に、どうこう思うこともないわけで、だったら、これでいいやん、って感じなんだよね。

 

明日から、台風の影響もあるようだけど、明日からも、少なくとも、9月末までは、Tシャツ短パンで過ごすつもりだ。

 

逆に言えば、誰か、女性から、「あなた、そろそろ、長ズボンにしたほうがいいわよ」なんて、言われれば、どんなにうれしいことか、ってことだけど、まあ、そういうことも絶対にないので、前のブログでも伝えたように、9月中は、半そで短パンで過ごすつもりだ。

 

だって、それが、今の生活状況でいちばん気持ちいい姿だからね。

 

人の目は気にしない。Tシャツ短パンで、9月末までは過ごすつもりだ。

 

#衣替え

#Tシャツ短パン

 

池袋、暴走事故。被告の上級国民は控訴しないとのこと。だからと言って収監はされないようだね。これって、結局、人間、どんな悪いことをやっても、おとがめなし、ってことなのかな。

あの悲しい事故から、2年あまり。

 

池袋で、高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて、二人の命を失った事故。

 

今日のニュースでは、被告の上級国民は、控訴をしない方向らしい。

 

控訴しなければ、禁固5年の刑が確定するのだけれど、それも、だからと言って、今、90歳になる上級国民に対しては、刑務所への収監というのは、どうも無理っぽいっていう話だ。

 

news.yahoo.co.jp

 

被告は、最後まで、自分の過失を認めず、あくまで悪いのは、プリウスを製造したトヨタに責任があると訴え、被害者家族に対しても、まったく謝罪の意思をしめさないまま、この裁判は結審するのかと思うと、どうもやりきれない。

 

まあ、確かに、90歳という年齢で、まともに自分で歩くことさえできない人間に、禁固5年が決まったから、といって、即、収監されるかと言えば、確かに、それも難しいのだろう。

 

ということは、結局、この被告の上級国民は、自分の非を認めずに、自分の主張のみを述べ、収監されることなく、今後、楽しい死ぬまでの日々を自宅で悠々と暮らす、ってことになるね。

 

こういうことが、まかり通るのであれば、年齢がある程度経過した人間が、仮に事故を起こしたとしても、それは、自分の責任ではなく、あくまで、自動車メーカー側の責任だと主張すれば、仮に裁判で、実刑を受けたとしても、それを逃れることができる、ということを、日本の裁判所は、日本国民に、そういうことですよ、って通達したことになるってことだ。

 

今回の事件、事故に関して、被告側もバカじゃないから、控訴して、裁判を長引かせるよりかは、控訴をしないという、ある意味、反省をしている、っていうことから、収監されない、っていう計算のもとに、控訴をしない、という選択をしたのだろうね。

 

今回の事故で、いちばんの被害者である死亡した二人の母子と、残された夫。

 

この結末に、いったい、どのような思いを募らせているのだろうか、と思うと、本当に、こころが痛い。

 

どうか、こういう事故が、二度と起こることがないように、自動車メーカーのさらなる、安全への機械的な進歩と、その導入に対して、一刻も早く、その対応をして欲しい、って感じた。

 

#池袋

#事故

#上級国民

#プリウス

#控訴

今日の午後2時頃だったか。仕事で長浜へ行く途中に、米原市内で大きな事故に遭遇。大きなケガでなければいいけど。原因はわからないけれど、かなりのスピードでの事故だったみたい。

今日は、仕事で、守山市に行き、自宅に帰った後、また仕事で長浜へ行くことになったので、国道8号バイパス経由で長浜に向かった。

 

午後2時頃だったかな。米原国道8号バイパスと、米原駅方面に向かう交差点。中多良南交差点。

 

知っている人ならば、セブンイレブンパナソニックがある交差点と言えばわかる人もあるかな。

 

f:id:blog-office-teramura:20210914191507j:plain

 

僕は南から長浜方面へ北進していて、交差点付近に近づくと、赤色のパトライトが見えて、ん?なんだ、って思ったら、事故であることに気がついて、交差点を通過すると、1台は、交差点の中に。1台は、北西方面にあるガードレールを突き破って、大破している姿が見えた。

 

ちょうど、警察が交通整理をはじめていた感じだから、事故が発生してから、そう多くの時間が経過したわけではなさそうだ。

 

交差点中央で衝突が起きたのか、交差点を通る際には、事故を起こした自動車の部品が散らかっていて、それを踏まずに進みたかったけど、いくつかの部品を踏みながら、交差点を通過しました。

 

この国道8号バイパスは、70キロ前後の速度で走る自動車が多く、なかには、100キロ近い速度で走行する自動車も多い。

 

一方、米原駅方面への道路は、8号バイパスよりかは、道も狭く、そんなに、スピードを出す車は少ないけれど、それでも、60キロくらいは出している自動車が多いかな。

 

北西方面に突っ込んだ自動車は、彦根方面から、長浜方面へ走っていたと考えられ、たぶん、相当なスピードのまま、衝突が発生し、ガードレールをぶち破るほどの事故になったんだろうと推測したんだけど、どうなんだろうね。

 

原因ははっきりとはわからないけれど、交差する自動車のどちらかが、赤信号で突っ込んだんだろう、って思った。

 

事故で生じた、自動車の部品を踏みながらの交差点通過で、長浜の仕事へ向かったのだが、それから、仕事を終えて、改めて同じ道路を通過するため、国道8号バイパスを通ったのだけれど、なんと、最初の通過から、30分くらい経過しているにもかかわらず、交差点では、事故の後処理なのか、現場検証なのか、手前で通行止め。

 

手前の細い道に、警察官から誘導され、遠回りをして、自宅まで帰った。

 

今のところ、ニュースになっていないので、誰かが亡くなったとかいう大きな事故ではなかったようだけど、本当に、事故はこわいものだと改めて感じた一日になった。

 

昨日、このブログで、東京のタクシー事故のことを書いたばかりだから、この米原の事故も、決して、他人事じゃないかな、って思ったことも付け加えておくよ。

 

本当に、いつ、誰が、事故の加害者になるか、被害者になるかわからない時代だ。

 

いかにして、この悲惨な交通事故から、人類が抜け出すことができるのだろうか。

 

ヒューマンエラーは、絶対に無くすことはできない。だからこそ、自動車メーカーさんには、いかに事故を起こさないような自動車を作っていただきたい、って強く思った一日でもありました。

 

#交通事故

#ヒューマンエラー

#自動運転

#米原

 

今日、約、半年ぶりくらいに長ズボンはいたんだけど、やっぱり、まだ、暑いわ。9月末まで短パンでいくことにした。

基本的に、長ズボンはきらいなんだよな。

 

女性はスカートという手段があるから、暑くても涼しくても、スカートなら、あとはパンストをはくか、はかないかで調整ができるけど、男は、短パンでいくか、長ズボンにするか、っていうのは、かなりその日の気温の状況で、どうしたらいいか、ってのは悩むところではあるよね。

 

今日、約半年ぶりくらいに長ズボンはいたんだけど、めちゃくちゃ暑くて、うっとうしいって感じを受けた。

 

9月もなかばだから、短パンはどうかな、っていう気持ちもあって、長ズボンにしたんだけど、外に出てみれば、ぜんぜん、短パンでOKだし、ましてや、長ズボンというけど、ジャージだから、ポリエステルという化学繊維で、綿系ではないので、めちゃくちゃうっとうしい以外の何者でもない。

 

だから、わかった。もう、この9月末までは、短パンで過ごそうと。

 

別に、他人にどう見られようが、どうでもいいし、だいいち、他人が、僕のことを、見てくれて、何かを感じてくれればうれしいけど、僕の姿に対して、他人が、それをどう見るかなんて、誰も感じることもないわけだから、それであれば、他人の目なんか気にせず、自分にとって、いちばんいいスタイルで、服装を決めてもいいんじゃないか、って思った。

 

9月だから、っていう気持ちがあったんだけど、その考えはやめた。

 

毎朝、花に水をやる時に、その日の気温を感じることができるので、その時に、短パンでいけると思えば短パンにするし、ちょっと寒いかな、って思えば長ズボンにする。

 

それだけのこと。

 

#衣替え

#短パン

#長ズボン

 

千代田区、運転手のくも膜下出血で、通行人が死亡する悲惨な事故の発生。運転手も死亡。明日は我が身なのか。そう思ったら、自動車の運転をやめるべきなのか。

タクシーの運転手に限らず、自動車を運転する人が、突然、脳出血脳梗塞心筋梗塞等の突然の病気で、意識を失い、自動車が暴走。

 

結果的に、なんの責任もない、歩行者や、ぶつかられた自動車やバイクの運転手が、死亡したり、ケガをしたりする事故があとを経たない。

 

news.yahoo.co.jp

 

どこかの上級国民のように、もはや、運転する能力がないのに、アクセルとブレーキを踏み間違え、人を殺しておきながら、まったく反省もせず、自動車メーカーが悪いと主張するような、そういう事象とは違い、これは、どんなに健康な人にとっても、いつ、自分が、その立場になるかわからない事象なんだよな。

 

僕も、毎日、運転するけれど、糖尿病という持病を持っているし、血圧も決して低い訳ではないので、自分が、このタクシーの運転手になる可能性はかなり高い。

 

ただ、だからといって、ドライブは好きだし、仕事でも使うし、自分では、突然の病気になることっていうのが、想像できないから、毎日、運転を続けているのだけれど、こういう事象が発生すると、自分が、自動車の運転をいつやめるべきなのか、ってことを改めて考えてしまうことも確かだね。

 

僕の年齢的から、今の自動車より、より、運転手をアシストしてくれる、自動運転に比較的近い、全車速対応のオートクルーズコントロールとレーンキープアシスト対応の自動車を注文したけれど、5月に注文したけれど、半導体不足の影響で、どうも、今年中に納車ができるのかどうかが、かなり難しいっていう状態らしい。

 

もちろん、そんな機能があったとして、だからと言って、じゃあ、突然、気を失うことによる事故の抑制ができるのかどうか、っていうのはわからないけれど、それをある程度信じて、わずかでも、自分の異常が発生した時の、事故の抑制につながればいいのだけれど、それは無理っていうことなのかなあ。

 

そうだとすると、持病持ちであれば、もはや、運転をしてはいけない、ってことになるけれど、それは無理っていう話になるし。

 

事故で、人を殺めるようなことはしたくないけれど、だからと言って、運転はやっぱりやめられない。

 

今回のタクシー事故の運転手さんは、僕と、ほぼ、同じ年齢。持病もなかった、っていうことだから、持病持ちの僕であれば、その可能性は、今回の事故より、かなり高いのも事実だ。

 

さあ、どうなんだろう。運転をやめる気はないが、運転で事故を起こす可能性は大きい。

 

その気持ちの狭間で、結局どうすればいいのか、ってモヤモヤしながら、毎日の運転を続けなければならない、いや、続けたいっていう現状。

 

今回の千代田区のタクシー事故で、運転に対する考え方について、再度、考えることができたことだけはよかったかな、って感じている。

 

#千代田区

#タクシー事故

#くも膜下出血