行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事をやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

JR琵琶湖線でのオーバーラン事象。ヒューマンエラーはどうしようもない。これを機械が制御する方法がなかったのか?あと、運転手に懲罰的な研修がないように祈る。

JR琵琶湖線で、本来停車するはずの駅を、通過してしまった、って事象が発生したよだね。

 

京都までは快速で、多くの駅を通過するが、京都以北は各駅停車となる琵琶湖線の快速電車だからこそ、こういう事象が発生したのかもしれない。

news.yahoo.co.jp

まあ、この暑さの中、運転手も、ついついうっかり、っていうミスを起こすことも仕方のないことで、せめて、この運転手さんが、今後、JRが昔やっていた、懲罰的な研修を受けることのないように祈るばかりだ。

 

っていうか、なぜ、こういう事象が発生してしまうのか。

 

基本的には、人間がミスを犯した、ってことだけど、このようなヒューマンエラーってのは、どうやっても避けられないことであって、これは、人間である以上、仕方のないことではある。

 

僕だって、いまだに、ミスを犯すこともあるし、それによって人に迷惑をかけたということはないけれども、自分自身で、ミスを犯したことにより、やらなくてもいい仕事を二重でやらなければならない、なんてことは、どれだけ、仕事に精通していると言えども、なかなかなくならないのも確かだ。

 

今回の運転手さんも、まあ、ついついうっかり、っていうことなんだろうけど、それは前述、仕方がない。

 

問題は、そのヒューマンエラーを補うための、機械的システムが並行して動作していない、っていうことだ。

 

ATCっていうシステムがあるよね。この区間は、時速80キロで走行しなさい。もし、80キロを超えれば、ATCが自動的にブレーキをかける、っていう、まあ一例ではあるけれど、そういうやつ。

 

ある区間において、指定する時速を超えれば、ATCが作動するっていうことなんだろうけど、停車駅となる駅を停まるはずなんだけど、そのわりには、その停車するまでの時速が速すぎる、ってことでATCなり、なんらかのシステムが運転手に、その情報を伝える手段を持ち合わせていない、っていうことが、なんとも、不思議というか、なぜ、導入しないのか、っていうのは、ものすごく疑問が残る。

 

自動車の自動運転っていうのは、さすがに、いろんなパターンがあり、それを全部補うのは不可能とは思うけど、鉄道なんて、決められた線路上を、決められた速度で、決められた駅に停まるという、あまりに単純なシステムであり、それが、自動運転できない、っていうのは、なにか、技術的に無理なのか、それとも、何か他に理由があるのかは知りたいところだね。

 

少なくとも、今回の事象は、人間がミスを犯したことを、システムがおかしい、っていう情報を伝達すれば、運転手も考えられた機会があったと思うし、仮に、システムが通過駅として速度を落とさなかったとしても、運転手が、これはおかしい、停車するために、速度を落とさないと、って感ずることができたなら、今回の事象は防げた事象であることは間違いない。

 

ある特別なことが発生したときに、人間を優先するのか、機械を優先するのか、っていうのは、これはいろいろ議論がなされてしかるべきだとは思う。

 

人間はエラーを起こすけれども機械はエラーを起こさないってことはなく、また、その逆もしかりである。

 

人間と、機械が、ともに情報を共有し、何か異常があれば、その時に、人間と機械が、別の考えを出したときに、とりあえず、解決出来なければ、電車を止める、ということも必要なのではないかと思う。

 

それによって、ダイヤに遅れを生じようが、それは、人間のエラーだったり、機械のエラーだったりとで、それは乗客も納得するのではないだろうか。

 

いちばんいけないことは、人間も、機械も、エラーを認識せず、最悪、事故に至るということであり、これは、福知山線での事故の後、JRも、かなり力を入れているとは思うので、大丈夫だと思っていたけど、いまだにこんな状況にあるんだ、ってことを知って、JRよ!もう少し、安全っていうことに力注げよ!って言いたくなる事象だったな、って思いました。

 

#JR

#オーバーラン

#琵琶湖線

#ヒューマンエラー

#ATC

基本、オリンピック開催に、今でも反対であるけれども。まあ、彦根市出身の大橋悠依選手が金メダル取ったってことは、素直にうれしい。ひこにゃんも祝福!

前から、今回の東京オリンピックには反対で、なんで、この時期にやる必要があるのか、っていうことを伝えてきたし、オリンピックが仮に開催されても、興味はないし、応援もしない、って言っていたわけで、それは、今でも変わりはない。

 

ましてや、せっかく楽しみにしていた日曜日のひとときの将棋トーナメントや、クイズ番組、アタック25が、オリンピックのために、時間変更や、中止となったことについて、めちゃくちゃ腹も立つし、どうせ、するなら、BSなりCSで、いっぱいやればいいことで、地上デジタル放送までオリンピック一色の方式には、腹が立って仕方ない。

 

と、いうことで、まあ今でも中継を観ることはないんだけど、ヤフーニュースとかはどうしても見てしまうので、その中で、彦根市出身の、大橋悠依選手が金メダルをとったというのは、これは、オリンピック反対派としても、うれしいことであることには違いない。

 

彦根東中学卒業ということで、高校は草津東高校へ進んだみたいだけど、彦根出身のオリンピック選手としては、ミュンヘンオリンピックの男子バレーボールの深尾吉英さん以来となる、金メダルとなったのではないかと思う。(違っていたら訂正お願いします)

news.yahoo.co.jp

早速、彦根市も、ひこにゃんを利用して、大橋悠依選手の金メダルを祝福しているし、彦根市長も、YouTube大橋悠依選手の金メダルを祝福している。

 

あまり下馬評にも上がっていなかっただけに、なんだか突然とも言うべき、金メダルの報道には、少し、びっくり感があることを隠しきれないことでもあるけど、ご本人の努力がどれほどだったかと思うと、本当に、「おめでとうございます」、と言うべき、今回の結果だろうね。

 

今回のオリンピック。どうやら彦根市からは、4人の選手が出場しているようだけども、もう一人のメダル可能性大の桐生祥秀選手が、男子400メートルリレーで、どういう結果を出してくれるのか、っていうのは期待はせざるを得ないってことだけどね。

 

彦根東中学卒業水泳部は、わたしの妻も所属していた、ってことで、今日、妻に、「君の後輩が金メダルを取ったよ」って、伝えたけれど、まあ、それがどうした、ってことで、妻は、あまり気にもしていなかったけどね。

 

このオリンピック、いつまで続くのかわからないけど、いい加減、地上デジタル放送での放送は、せめて、NHKくらいでやってくれて、あとは、民放に関しては、BSやCSでやって欲しいとは思うけど、どうも、そういうわけにもいかないようで、オリンピックが閉会されるまでは、楽しみの番組が時間変更や中止となることが予想される。

 

そういうさなかにおいても、今日も、コロナウイルス感染者が苦しい思いをしている、っていうことを、もはや、テレビもラジオも伝えることはなくなり、コロナウイルスは、オリンピックのために、抹殺されたようだ。

 

しばらくは、コロナウイルス感染者の数を伝えることもなく、オリンピックで、誰がメダルを取ったという話題が中心になるのであろう。

 

しかし、着実に、コロナウイルス感染者の数は増えていることは間違いなく、確実に、重体、または死亡している人が増えていることも確かだ。

 

冒頭でも話したように、今でも、オリンピックに反対である。

 

けれども、ニュースとして、身近な人が活躍するのは、それはそれで、悪い気ではないことも確かだ。

 

今後、最後まで、どうなるかわからないけど、まあ、コロナウイルス感染者を考えながらも、オリンピックが、成功裏に終わることを望む。

 

#大橋悠依

#金メダル

#ひこにゃん

#彦根

 

ネットを利用した英会話教室。以前は、駅前留学っていうのが当然だったけど、コロナの影響もあるし、ネットの発達もあって、今は、ネットによる英会話教室が流行のようだ。僕も、やってみようと考えている。

前から、そう、だいぶん前からだけど、英会話ができれば、どれだけ楽しいだろうか、って思っていた。

 

今まで、海外へ行ったことは、ただの1回だけ。27歳の時に、新婚旅行でハワイへ行ったのが、海外へ行ったはじめてのことだった。

 

それ以降、現在61歳になるまで、海外へは行ったことがないし、また、あえて、日本にいいところがまだまだいっぱい残っているので、海外へ行こうとは、まったく思いもしないまま、今日に至っている。

 

でも、英語は話したい。っていうか、英会話ができれば、どれだけ、僕の未来が広がるだろうか、って思うと、やっぱり、英会話ができればいいけどなあ、ってことは前から考えていたんだけど、しょせんは経済的な負担もあって無理な話なんだろうな、っていうことは思っていたい。

 

で、いろいろ、知恵袋とかで調べたら、月額1万円以下で、ネットを利用した英会話教室があることを知った。

 

確かに、ネット環境が整備された現代社会においては、ネットによる英会話教室っていうのは、当然出てきて当たり前だし、教える方も、教わるほうも、双方ともがウインウインの関係になるのであれば、これを利用するしかない、っていう感じで、今、どこの英会話教室を利用しようか、検討中です。

 

今のところ、

nativecamp.net

っていうのが、なんとなくよさそうなんだけど、他にも、いいところがあるのかどうか、って検討中です。

 

まあ、月額7千円以下であれば、とりあえずやってみて、これは、僕には対応できないな、って思えば、その段階でやめればいいことだし、もし、とても楽しくて、ましてや、自分の英会話のスキルアップにつながるのであれば、これは、やるしかないよな、って思うんだよな。

 

前々から、英会話に関しては、もし、自分が、完璧ではなくとも、そこそこ日常会話ができれば、どれだけ楽しいか、っていうのを思っていたし、もしも、もしも、そこそこ、会話ができるようになったら、グアムとかに行って、直接、現地の人と、会話ができれば、とても楽しいかな、って思うからなあ。

 

まだ、検討中ってことと、仕事が忙しいので、その時間があるのだろうか、っていうこともあるけれど、これはよさそう、ってものがあれば、とりあえず、挑戦してみたいと考えています。

 

#英会話教室

#ネット

大失敗に終わった、オリンピックのブルーインパルスの飛行。あんなに雲が出るなんて、天気は予想できないよ、とは言え、残念な結果となったね。

ブルーインパルスは大好きで、岐阜基地で、ブルーインパルスが飛ぶときは、ほぼ、毎年行っていたんだけど、最近は、岐阜基地でのブルーインパルスの飛行展示はなく、寂しい気持ちがしていました。

 

しかも、長年、日本の空域を守ってきた、F4EJファントムの引退ということもあり、もう、あの爆音を聴けないのか、って思うと残念です。

 

今後、岐阜基地でのブルーインパルスの飛行展示があるのかどうかはわからないけど、もう、何年も同じことの繰り返しで、新しいパターンでの飛行展示がなければ、T-4っていう練習機の迫力のなさも考えれば、あまり見たいとは思わないかもな。

 

今回、せっかくのオリンピックの飛行展示(今回は、展示飛行と呼んだほうがいいかな)においては、せっかく、色つきのスモークを使用したにも関わらず、結果的には、誰も、その五輪を見ることもできず、上空から、地上からと、マスコミが今回の五輪スモークを期待していたにも関わらず、それが取れなかったのは残念だったね。

 

ブルーインパルスの隊員も、せっかくなら、青空を背景に、きれいな5色を彩りたかったと思うだけに、残念で仕方が無いね。

 

せっかくだから、これから、まだオリンピックは何日も続くんだから、快晴の日を狙って、快晴であれば、もう一回、いや、もう2回、3回と、展示飛行すればいいのではないかとは思うけどね。

 

なーんだ、期待していたけど、イマイチだったな、なんて思われるのは、隊員や、そのスタッフ、あと、自衛隊そのものに関する、期待値っていうのも、だいぶん違うんではないかな、ってことは思うけどね。

 

別に開会式だけじゃなくて、途中で、今日は、天気良さそうだから、飛行します、っていうことも別に問題ないような気もするけど、まあ、本来なら、この高度で、東京上空での低空飛行っていうのは、アメリカ空軍との折衝がたいへんだと思うので、無理と言えば、無理なんだろうけど。

 

多分だけど、この空域はアメリカ空軍の、飛行領域内で国内機は、仮に自衛隊であっても、基本的には飛行できない空域だと思うしね。

 

まあ、今回は仕方なかったってことで、ブルーインパルスさんには、お疲れさまでした、ってことだけど、隊員自らのやる気も満々だったと思われるだけに、残念でしかたない結果となったね。

 

#ブルーインパルス

#オリンピック

#開会式

#展示飛行

新型コロナウイルス感染者の第5波。第4波をはるかに上回る勢い。日本政府、どうすんの、これ。いくらワクチン接種が進んでいても、オリンピックも、やめる気もなさそうだし。

とんでもなく増え続ける、コロナウイルス感染者の数。

 

これだけワクチン接種が進んでいても、増え続ける感染者の数。

 

f:id:blog-office-teramura:20210722200256j:plain

もはや、この感染者増をとめられるすべもなく、このままだと、第4波をはるかに超えるような感染者の数になりそうな勢いだよね。

 

でもって、こんな状況であっても、なんだか、オリンピックとやらの催し物を、毎日、国内では、何人もの死亡者を出しているというにも関わらず、強行しているという事実。

 

いったい、国は、日本人の命を守りたいのか、それとも、オリンピックとやらの催し物をやったという事実だけが欲しいのか。

 

どうやら、後者のようだ。

 

オリンピック関係者にとっては、日本人の命が、仮にオリンピックを開催しない時と比較して、それが、50人や100人増えようが、そんな数は、オリンピックを成功させるための意義を考えれば、そんな命はオリンピック成功の意義と比較しても、どうでもいい、っていうことなんだろう。

 

まあ、確かに、そう言えるとも言えるわな。

 

日本っていうのは、先の戦争の時もそうだったけど、日本の戦争の意義のためには、日本人が何十万人死のうが、そんなことはどうでもいい話で、それよりかは、日本は、最後まで、戦争をあきらめずにやりとおした、っていう事実が欲しかったのだろう。

 

せめて、昭和20年の2月くらいの段階で、降伏、戦争をやめていれば、東京大空襲、大阪大空襲、広島原爆、長崎原爆などは避けられたはずだけど、それをしなかった。

 

結果として、戦争に負けたけれども、そのために亡くなった多くの日本人は、日本人自体が、それを仕方のないことだと思っていて、決して、日本そのものを非難するものではない、っていう自負っていうものがあるからね。

 

今回のオリンピックという催し物に関しても、それと同じことが言えるのではないだろうか。

 

日本人は、不思議なもので、自国民が死ぬことであっても、それが、ある他のことに比較して、その影響が少ないと感じれば、少々の人間の命なんてものは、どうでもいいことであり、それよりは大義が必要だと考えているのだろう。

 

今、自分が、日本という国に生きていて、世間に流された形で、毎日を過ごしているけれども、これが果たしていいことなのかどうか、ってのは、かなり疑問が生じる。

 

今後、おそらく、50年以内には、第3次世界大戦が勃発するだろうと思う。

 

もはや、第2次世界大戦とは、まったく違う、コンピューター制御による戦争であり、その兵器のレベルも、第2次世界大戦時代とはまったく違ってしまって、そこに、人間の感情が入る余地はない。

 

どこかの国が、どこかの国に、核爆弾を打ち込めば、その報復が連鎖を呼び、世界は滅亡するんだろうとは思う。

 

宇宙が好きで、太陽の寿命はあと何億年とか、地球の寿命はあと、何億年とか、って話を気にすることなく、また、大地震による、津波の被害を心配するまでもなく、人類が消滅する可能性が、それとどれだけ違うのか、っていう話だ。

 

まあ、僕の死んでからの話だとは思うので、僕が関知する話では無いけどね。

 

ただ、自分の息子や、あるいは、もし孫ができたとすれば、それらの人には、そういう現実も待っているってことであれば、とても悲しいことではあるけれども、それを、阻止することは誰にもできない、っていうことなんだろうな。

 

#第5波

#コロナウイルス

#ワクチン接種

 

#オリンピック

10月末の北海道旅行を決めた。先日利用した、女満別空港ではなく、今回は釧路空港発着。もうdトラベルにこだわることなく、自由にホテルを決める。

先日行った、紋別を拠点とした北海道旅行の熱というか感激も冷めないまま、LCCPeachから、セールのメールが届き、その期間が、10月末までだったので、初秋の北海道へ行くべく、10月末の北海道旅行を決めました。

 

今回は、釧路空港発着として、前回の2泊3日より1日多い、3泊4日の旅行にしました。

 

新型コロナウイルスのワクチン接種の第1回目を受け、第2回目の接種も、8月7日に決まっているのし、10月になれば、かなり多くの人がワクチン接種を完了していると思うので、新型コロナウイルスの影響も少ないと思うし、やっぱり、初秋の北海道は、ぜひとも行きたいので、セール期間ということもあって、旅行を決めました。

 

飛行機代が、なんといっても安いっていうのが決め手ですね。今回の、関西空港から釧路空港への往復が、座席指定を含む、いろんな諸費用を含めて、9,950円。

 

もちろん、これに関西空港までの自動車のガソリン代や、高速料金が必要だし、レンタカーの費用も必要だし、当然ホテル代も3泊するわけだから、それなりにかかってしまうのは仕方のないことではあるけどね。

 

それを差し引いても、やはり、初秋の北海道は、何度いっても新しい発見があるので、どうだろう、南の島とか、まだ、行ったことがない場所とかを考慮に入れても、やっぱり道東へとの旅行を選択しちゃいます。

 

今回、飛行機と、レンタカーは、すでに予約済み。

 

あとは、この10月末までに、どういうルートを通り、どこのホテルに泊まるか、っていうことを決めるのが楽しみとなりそうです。

 

今回、決まっていることは、釧路空港でレンタカーを借りて、4日後に同じ釧路空港でレンタカーを返すだけってこと。

 

泊まるホテルは、一切決めていないので、3泊のうち、たぶん、すべて違うホテルへの宿泊となりそうです。

 

道東は、自動車の移動では、かなりの距離を稼げるので、けっこう離れたところへもいけそうだし、それを考慮に入れて、どこを巡るかを考えていきたいと思います。

 

まあ、心配なのは、台風だけでしょうかね。

 

10月末となれば、まだまだ、台風の季節ということになるでしょうから、場合によっては、キャンセルになってしまう可能性があるかもしれません。

 

まあ、確率的には、10分の1くらいの確率だと思うので、まあ大丈夫だとは思っているんですけどね。

 

北海道も広くて、まだ行っていない場所も多いので、これから、どういうルートでまわって、いかに安いホテルに泊まって、いかに楽しむことができるか、を考えて、秋まで待ちます。

 

#北海道

#旅行

#Peach

 

7月はじめに種を植えた、アサガオとコスモス。アサガオは、7個の種のうち、5個が芽が出て順調。一方、諦めていたコスモスも、1個、芽が出た。

6月15日、信用金庫の日でもらった、アサガオとコスモスの種。

 

先日のブログで、アサガオの芽が出たが、コスモスはどうやらだめっぽい、っていう話をしたのだけれど、な、な、なんと、コスモスさんも、1個だけだけど、昨日、芽がでてきました。

 blog.office-teramura.com

 

まずは、アサガオの芽ですが、下の写真のとおり、全部で7個の種を、ひとつのプランターに左右交互に7個植えて、そのうち、赤丸以外の、5つについては、しっかりと葉がそだってきました。

f:id:blog-office-teramura:20210721200507j:plain

残り、赤丸の2個については、どうなんだろう。植えた種の向きが悪かったのかな。まったく音沙汰なしって感じで、どうもだめっぽい、とは思っているけど、まあ、まだわからないから、毎日、朝昼夕と、水やりをして、がんばって芽をだしてね、って祈っているけどね。

 

一方、コスモスは、下の写真の赤丸のとおり、7カ所に種を2~3粒くらい植えて、アサガオの芽がしっかりと出てきたのに対して、コスモスは、全滅かあ、って思っていたのですが、左から2番目の赤丸のところに、下の写真ではわかりにくいですが、なんと、芽がでてきました。

 

f:id:blog-office-teramura:20210721201043j:plain

 

コスモスは、あまり水をやらないほうがいいということを知ったので、朝、少しだけ、水をやる程度にしていたのですが、昨日、芽が出てきました。

 

上の写真の左から2番目をアップしたのが下の写真です。

f:id:blog-office-teramura:20210721201104j:plain

わかりにくいですが、真ん中に、しっかりと芽が出てきました。

 

ほとんどあきらめていただけに、例え1個だけとは言え、芽が出てきたのはうれしい限りですね。

 

この調子だと、他の6個の部分も、もしかしたら、芽が出てくるかもしれないし、我慢強く、待ってみようとは思っています。

 

秋に、きれいなコスモスの花が咲けばいいんですけどね。

 

あと、農協でもらった花ですが、これは順調に、毎日、花が開花しています。

 

ヤフー知恵袋で、この花がニチニチソウだということがわかりました。これも、あまり、水をやりすぎるのはよくない、ってことなので、少しだけ水を与えながら、成長を楽しみにしています。

 

っていうか、このニチニチソウは、これが完成形なのかな。どんどん背が高くなるってわけでもなさそうなので、花が毎日咲くだけの植物なのかどうかはわかりません。

f:id:blog-office-teramura:20210721201132j:plain

花がきれいなので、明日の朝は、このつぼみが開花するのかな、っていうのは楽しみですね。

 

これまで、植物というのを、まともに育てたことがなく、もし、6月15日に、滋賀中央信用金庫にお金を下ろしにいかなければ、今でも、まったく花とは縁が無かったとは思いますが、ひょんなことから、植物を育てるっていう新しい楽しみができて、とてもうれしいですね。

 

だいいち、お金が、ほとんどかからない。プランターも、ふたつで400円くらい。土も、300円くらい。植木鉢も100円以下。

 

これまで、1,000円以下で、この楽しみが出来るのはとてもうれしいことですね。

 

さあ、アサガオの芽、あとふたつは、芽がでるのか。コスモスは、あと、6個は芽がでるのか。

 

今後、ニチニチソウはどうなるのか。楽しみです。

 

#アサガオ

#コスモス

#ニチニチソウ