行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

先月、16日からはじめたCPAP治療器による治療。今日、新たな、段階に入ります。加湿器を業者さんが持ってきてくださいました。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法としてのCPAP治療。

 

7月16日からはじめて、確実に、イビキは少なくなり、睡眠時の血中酸素濃度も確保されているみたいで、血圧の朝晩の差もなくなってきたところです。

 

ただ、問題がありまして、前にもおはなししたでしょうか。

 

今回、鼻と口を覆う、フルフェイスタイプのマスクをつけているのですが、僕が、口を開けて寝る傾向があるので、寝ている間ののどの渇きが、よけいにひどくなって、寝ている間にも、目が覚めて、マスクをはずして、お茶を飲むってことが続いていました。

 

で、CPAP治療のレンタル元の帝人在宅医療さんに電話で確認したところ、加湿器ってがあって、それを、現在の治療器に取り付けられるとのこと。

 

ただ、それをつけるには、お医者様の処方が必要だということで、先週の金曜日にクリニックへ行った際に、先生にその話をしたところ、こころよく、その加湿器の手配をしていただき、今日、お盆休みにもかかわらず、帝人在宅医療さんの担当者さんが、自宅を訪問し、セッティングをしていただきました。

 

CPAP治療器に、水(正確には、精製水というもの)を入れて、それを加熱して、蒸気にして、空気に水蒸気を入れ込むことにより、のどの渇きを抑える効果がある、とのことです。

 

精製水は、自分で薬局で購入してください、ってことで、今日は、500ミリリットルをいただきましたが、アマゾンとかでは、けっこう安く売っているようなので、今晩の状況をみて、アマゾンさんか、薬局か、どちらかで、購入しようとは思っていますが。

 

イビキは、かなり少なくなり、無呼吸もほとんどなくなりましたが、のどの渇きだけが問題だったので、これが解決されれば、まさに、鬼に金棒ってとこだとは思いますが、その結果は、また、報告します。

 

無呼吸がなくなったおかげで、脳に与える、血中酸素濃度も高まったおかげで、朝と夜の血圧の差が、ほぼ、なくなり、朝の血圧が、かなり少なくなったことで、糖尿病治療にもなっているのかと思います。

 

まだまだ、くたばるわけにもいかないし、まだまだ、やりたいこともあるので、治療にはお金はかかりますが、お金かけても、とことん、元気でいてやるぞ、って気持ちが、さらに高まりました。

 

なーんて言いながら、明日、いきなり死ぬこともあるわけですから、この文書が遺言にならないようにはしたいとは思いますが。

 

遺言で思い出しましたが、民法改正で、相続関係も、だいぶん変わったみたいなんですけど、勉強していないので、ちょっと勉強して、相続関係の仕事も、承ることができれば、って思っています。

 

まあ、僕にとっては、人生、道半ばです。

 

まだまだ、わからないことに対して、勉強して、知恵を絞って、お金儲けして、なんとか、残り短い人生をやるしかない、とは思っています。