行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

キャッシュレス化に向けて、NFCが今後どうなるのか。QRコード決済が主流になるのか。いずかは、NFCはなくなる可能性が高いけど。

10月の消費税増税に向けて、日本では、キャッシュレス化を盛んに進めているとはいうものの、かんじんな国の機関、具体的には、自分が扱っている仕事の中での、自動車関連の仕事の中で、キャッシュレスができる部署はない。

 

車庫証明しかり、自動車の名義変更しかり。すべて、現金決済であり、クレジットカードは認められない。

 

また、民間企業になったとはいえ、郵便局における、切手の購入や、定額小為替の購入もすべて現金決済のみ。

 

国が、キャッシュレス化を進めているのであれば、このあたりも、キャッシュレス化を進めて欲しいとは思うけどね。

 

さて、一般的に、お店とか、居酒屋とかでは、キャッシュレス化が一般的になった。

 

その中で、いわゆるNFCを使った、タッチ決済と、QRコードを使った決済の二通りが混在している。

 

よくは知らないんだけど、世界の基本は、QRコード決済ってのが主流っぽい。

 

NFCを使っているのは日本だけかもわからないけど、今、わたしが使っている決済で、NFCを使うのは、ID、nanacoEdy、あと、モバイルSuicaってところか。

 

反対に、QRコード決済をしているのが、d払い、PayPay、ってところだろうか。

 

コンビニで商品を買うには、NFC決済のほうが、何もしなくてもよく、ただ、単に、スマホをかざすだけなので、楽ちんですが、d払いや、PayPayは、スマホを操作して、QRコードや二次元バーコードを読み取ってもらう必要があるので、それをだすまでに、スマホで、30秒ほど時間がかかるので面倒くさい。

 

今後、世界的な主流となるのは、基本的にはQRコード決済ってことになるのだろうかなあ。

 

NFC決済というのは、いちいち、そのために、スマホにそれに対応した部品を付ける必要があるので、海外からの輸入品とかは、QRコード決済しかできないってことになる。

 

ただ、ただ、僕が思うには、このNFC決済ってのは、ぜひとも残して欲しいって思う。

 

まず、スマホの操作をなにもしなくていいこと。それがいちばん大きいだろう。いちいち、バーコードやQRコードを出して、っていうのは、面倒くさい。

 

あと、今後、JRをはじめとする鉄道会社の改札が、NFC決済でなく、QRコード決済を主流にしようとすると、それこそ、機械も全部、作り直さなきゃだめだし、戸惑う人もたくさんいるんじゃないかな。

 

あるいは、全世界共通のNFCっていうか、チップを全世界共通にしたものをAndroidappleも採用してくれるのであれば、それはそれでいちばんいいんだけどね。

 

まあ、5Gへの変換っていう時期がきていて、各メーカーが、なんとか主導権を握ろうとしている中で、今後、このキャッシュレス化がどういうふうに進むのかは、とても、興味深いところではあるけど。