行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

第3のビールばかり飲んでいたら、本物のビールの味がわからんようになってきたわ。

普段、焼酎水割り派の僕なので、自宅には、いつも、第3のビール、具体的には、サントリー金麦350mlが冷蔵庫に入っているのですが、あまり飲むことはありません。

 

ただ、最近は、気温が高くなってきて、仕事あがりにのどが渇くと、この金麦はとてもおいしく感じます。

 

たまに、仕事が遅くなって、朝から頑張ったときは、帰りにコンビニに寄って、第3のビールじゃなくて、本物のビール、例えば、アサヒスーパードライとか、キリン一番搾りとかを買うこともあります。

 

で、いつもは、第3のビールだけど、今日はご褒美で、本物のビールだって思って、その本物のビールを飲むのですが、なぜか、おいしいとは思えない。

 

あれっ?本物のビールなのに、金麦と変わらないやんか、って思うのです。

 

これはなぜなんでしょう。本物のビールを飲み続けて、第3のビールを飲んだら、なんだこれは、って思うのか。

 

その理論から言うと、第3のビールを飲み続ければ、本物のビールを飲んだときに、

 

「やっぱり、本物のビールはぜんぜんちゃうわあ!

って感じるはずなんですけど。それがない。

 

逆に言えば、本物のビールより、第3のビールのほうが、おいしい、って思う。おそらく、それに慣れているからだろうけど。これは、マジでそう思います。

 

これが、1本(350ml)が、24本まとめ買いだと、ほぼ、1本、100円。

 

本物のビールが、1本、160円くらいだから、かなり安い。

 

1本100円ってのは、コンビニで、プライベートブランドのウーロン茶が1本100円だから、それと同じだしね。

 

我々、庶民にとってはなくてはならない、第3のビール。なんだか、国は、ビールと同じような税率をかけようとしているみたいだし、実際、そうなっているんだけど、できれば、今後とも、第3のビールが、安く、おいしく飲めることを望んでいます。