行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

公衆浴場における、子供の混浴については、いろんな意見があるようだね

公衆浴場の混浴。

 

僕は、よく、近くにあるスーパー銭湯に行くけれども、そこの規則は、120cmの身長制限で、男女混浴を認めていると思っています。

 

120cmの身長ってのが、果たして、小学生でいえば何年生か、ってのは、その成長具合によっても違うのだろうけど。

 

「政府は21日の閣議で決定した答弁書で、公衆浴場での「おおむね10歳以上」の混浴を制限する厚生労働省要領の見直しに否定的な見解を示した。」

 

なんて、記事があると、なかなか、子供の銭湯における、混浴ってことはなかなか難しいとは思う。

 

まあ、ほとんどの人が、ある程度そのズレを離れていても、それを気にしないのなら、それはそれでいいのかな、って思うけど。

 

家庭には、いろんな事情もあるしね。まだ、小さいから、女湯に入れるとか、男湯に入れるとか、それは、その子の能力と、あとは親の判断で決めることだとは思う。

 

それとはぜんぜん話はかわるけれど、男湯には、女性の銭湯の係員が、どうどうと、男湯に入ってきて、それこそ、なにが悪いの、って感じで、体を洗っている自分の横で、シャンプーを補充したり、捨てられたひげそりを回収したりってことが多い。

 

まあ、自分は男なので、それに関しては、まったく、なんら違和感は感じないけれども、それが、仮に逆だったら、それはとんでもないことになるだろうな。

 

つまり、女湯に、男性が、入りこんで、いろいろと作業をしたとしたら、それは、問題なんだろうとは思う。

 

これには性差ってものがあって、男と女の感覚の違いを理解していれば、なんてこともないんだけど、ネットでは、男湯に、女性が入ってくることの違和感を覚える人もいるわけで、それはそれで、まあ、理解ができないわけではないのだけれどね。

 

でも、まあ、小学生の子供、これは、男でも女でも、それを男湯にいれるか、女湯にいれるか。

 

それが、別々になるのか、同じ部屋になるのか、ってことでも考え方に違いはあると思うけど、まあ、トラブルがないような、そんな、安寧な生活が送れればいいとは思うけど。