行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

一泊二日で、仙台空港周辺への旅行っていうか、東北視察に行きます。どういうルートがいいのか、検討中です。

5月30日、31日の両日。一泊二日で、大阪伊丹空港から、仙台空港へ行ってきます。

 

目的は、東北復興の視察っていうか、物珍しさっていうか、怖いもの見たさっていうか、まあ、自分の中でも、なかなか、どうして東北を選択したのか、っていう明確な答えがでないままの東北旅行になります。

 

30日のお昼に仙台空港へ到着。レンタカーを予約しているので、1日目は、福島方面へ行く予定です。半日なので、どこまでいけるのか、どこをいけばいいのかはわかりません。

 

南相馬市くらいまでは行けそうだし、海岸沿いは、大きな堤防ができているとは思うけど、いまだに、復興ができていないところを見ることができれば、それを見ることで、さらなる東北支援のきっかけになればいいとは思っています。

 

その日は、仙台市内のホテルに宿泊。

 

翌日は、宮城南部へレンタカーを走らせようと思っています。

 

具体的には、石巻市くらいまでになるのか、気仙沼まで行くのかわかりません。

 

2日目は、帰りの飛行機が比較的遅いので、比較的長い時間を宮城南部を回れそうです。

 

このあたりも、海岸沿いは、すでに高い堤防が完成されていますが、まだまだ、内陸部は、津波のつめあとが残っている場所もあるようだし、実際にあった東日本大震災というものの事実というものを、今更ながらに見てみたいという気持ちがあります。

 

物珍しさで、東北に行くっていうのは、ちょっとどうかな、ってところもありますが、東北に来てください!そして、お金落としてください、ってことであれば、その理由が、たとえ、物珍しさであってもいいのかな、って勝手に思っています。

 

阪神大震災で、ボランティアに行ったときも、ボランティアに一緒にいった人たちとの会話の中で、実際、自分たちは、何のためにボランティアに行ったのだろうか。

 

なんだかわからない、人情論と、物珍しさのふたつがかさなりあって、行っているんじゃないか。

 

本当に、地元で被害を受けた方のためだけになっているのではなく、単なる自己満足の世界にひたっているだけじゃないか、っていう、みんなで論議したことを思い出します。

 

今回、東北への短い旅行ですが、行くことで、お金を落とすことで、その理由に汚い気持ちがあったとしても、それはそれで、役に立つなら、という風に割り切って行ってきます。