行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

高校野球、春の大会は、なんだかんだで、近江高校が優勝

夏の大会、シード権を獲得した、近江、滋賀学園彦根東、綾羽のうち、今日は、近江対滋賀学園の決勝と、彦根東対綾羽の3位決定戦が行われました。

 

結果的には、まず、3位決定戦では、延長13回タイブレーク方式で、彦根東がサヨナラ勝ちで、3位確保。

 

決勝では、近江が、滋賀学園を完封で下して優勝。

 

結果として

1位 近江高校 (彦根市)(近畿大会出場権獲得)

2位 滋賀学園高校 (東近江市

3位 彦根東高校 (彦根市

4位 綾羽高校 (草津市

という結果になりました。

 

これで、夏の大会のシードは、確かな情報ではないけれど、1位と4位がいるゾーンの勝ち上がりチームが、2位と3位がいるゾーンの勝ち上がりのチームが、決勝まであたらない組み合わせになるので、基本的には、近江高校彦根東高校が決勝まではあたらないということになりそうです。

 

つまり、近江高校彦根東高校の甲子園をかけた決勝戦が見られる可能性があるということです。

 

この大会。母校、虎姫高校の頑張りもよかったけれど、なんだかんだで、優勝してしまう、近江高校はさすがというところでしょうか。

 

特に、打線はいまいちなんですが、エースの林優樹投手は、プロも注目しているだけあって、ちょっとずば抜けているかな、と感じました。

 

近畿大会で、近江高校はどのようなスタンスで挑むのかはわかりませんが、あまり手の内を見せない選択肢もあるし、そこそこの成績を目指して、林投手を使うかもしれませんし、わからないところです。

 

秋の近畿大会は、春のセンバツの実質的な予選という意味があるのに対して、春の近畿大会で優勝したらどうなのか、っていうと、まあ、たいした勲章にもならないので、近畿他府県チームも、それほど、がむしゃらに挑むってことはないだろうし。

 

やっぱり、僕としては、夏の滋賀大会で、近江高校彦根東高校が勝ち進んで、決勝で、甲子園をかけて戦って欲しい気持ちでいっぱいです。