行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

こういうメールでもアクセスしちゃう人がいるんだろうなあ・・なんだか、いやな世の中だわ

先ほど、迷惑メール対策を施しているにもかかわらず、それをかいくぐって、詐欺メールが届きました。

以下、全文です。

-----------------------------------------

メールのタイトル

進んでいただき、ご確認ください。

 

文書、本文

今回、お客様のゆうちょ銀行のアカウントが第三者によって不正にログインされた可能性が高いです。お客様の資金安 全を確保するため、このメールを送信しましたが、ご本人の登録でしたら、このメールを無視してください。本人登録で なければ、直ちに対策処理をしてください
本人登録出ない場合の対策処理は下記の通りです。

緊急処理 ←ここにニセゆうちょ銀行サイトへのリンクがある

ゆうちょダイレクトのセキュリティに関するお願い
ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため、
以下のセキュリティ対策の実施をお願いいたします。
トークン(ワンタイムパスワード生成機)のご利用(無料)
●OSやインストールしているソフト等は常に最新の状態で使用
●メーカーのサポート期限が経過したOSやソフト等は使用しない
ウイルス対策ソフトの導入および最新の状態への更新
●不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」のご利用(無料)
●携帯電話?スマートフォンのメールアドレスを登録
●送金などの操作を行う端末と別の端末で受信するメールアドレスを登録
申し訳ございませんが、このメールへの返信はお受けしておりません。
※この度のお取り扱いに関し、ご不明な点がございましたら、次の連絡先まで
ご連絡をお願いいたします。
※このメールにお心当たりのない方は、至急ご連絡をお願いいたします。

お取扱時間:平日 8時30分21時
土日休日 9時17時
(12月31日1月3日は、9時17時)
ゆうちょ銀行

-----------------------------------------

まあ、よくある話ですが、こういうメールのリンクにクリックすると、いかにもゆうちょ銀行のサイトと思われるサイトが表れるですよね。試しに、クリックしたところ、たしかに、それと間違えてもしかたないようなサイトが出てきました。

 

まあ、このメールで不利益を被る人がいたとしても、僕には関係ないのですが、不思議に思うのが、なぜ、私が使用しているメールソフトがこれを迷惑メールと判断しなかったか、ということです。

 

実は、僕も、どういうところで、迷惑メールをメールソフトが判断しているのかは、あまり知らないのですが、あっさり、普通のメール同様に届いたことには、少しばかり驚きがあります。

 

すでにゆうちょ銀行は、この現状を把握していると思われ、あえて、自分から、指摘することはありませんが、相手は1万分の1の確率で、お金を引き出せればもうけもの、って感覚だろうから、このメールで、被害者がでないとはいえません。

 

それにしても、いつになれば、こういう事象がなくなることになるのでしょうね。まあ、そんなことを言えば、いつになったら、人間の欲を抑えることができるのでしょうね、って言っていることと同じで。

 

永遠に、人間の欲というものはなくならないし、このネット世界の情勢が、根本的に変化がなければ、いつまでもこういうことが続くのでしょう。

 

しかも、被害にあうのは、いつもお年寄りだし、そういう人の大切なお金をなんとも思わない人間がいることを、ご老人は、ちゃんと知る必要があると思いました。