行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

2024年の国スポ(旧国体)に向けて、県立彦根総合運動場の改修工事が進んでいますが

現在、2019年。

2024年だから、5年度だけど、滋賀県彦根総合運動場の陸上競技場を中心に、県内各地で、国スポ(旧国体)が開催されます。

 

現在、旧の彦根陸上競技場は解体されて、また、プールも解体。さらに、彦根市立の市民体育館も、南彦根駅近くへの移転工事が始まっています。

 

この国スポのメイン会場は、彦根なんですが、野球会場は、大津市皇子山球場になるので、彦根総合運動場の中の、陸上競技場は新築されるのですが、県立彦根球場は、国スポに使用されることがありません。

 

でもって、言いたいのでは、だからといって、昨日も確認したけど、彦根球場。

 

ストライク、ボールのスコアボードの変更工事くらいはやってもいいんじゃないの
?ってことです。

 

何年位前からでしたっけ。日本において、ストライク、ボール、アウトの順番でなくて、ボール、ストライク、アウトの順番が定着したのは。

 

なお、大津市皇子山球場は、すでに何年か前に、ボール、ストライク、アウトの変更工事が行われました。

 

しかしながら、彦根球場は、いまだに、ストライク、ボール、アウトの順番です。

 

いまや、プロ野球でも、高校野球でも、テレビ中継は、当然、ボール、ストライクの順番で、地方の球場も、調べたわけではありませんが、おそらく、その工事がなされているんでしょう。

 

それなのに、彦根球場は、いまだに昔のまま。

 

まあ、国スポに関係ないし、そんなもんに金かけることもない、と言われれば、それだけなんですが、わけのわからんものに、いっぱいお金かけているくらいなら、せめて、彦根球場のスコアボードの改修工事くらいやれよ、っていうのが本音です。

 

あと、彦根球場の夜間照明、これのことでも、言いたいことがあるので、また、お話します。