行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

NHKから国民を守る党、当初、ハチャメチャな政策かと思ったけど、強制的に法律で支払い義務があることに関しては、前から疑問を感じていた。それを、ちゃんとスクランブル放送にして、見たい人は、お金を払って見たら、っていう意思は僕が考えるのと同じだから、納得はできるね。

放送法で、テレビ受信機を持つ人は、NHK受信料を払わなければならない、ってことになっている。

 

でも、NHK見ないから受信料払わないっていう権利もあるはずだし、民法を見ようと思っているのに、勝手にNHKが見られる状態だから、ちゃんと受信料を払ってよ、ってのは、今の時代において、かなり無理があるのではないかとは思う。

 

地上デジタルでは、スクランブルがかかっていないので、普通のテレビを見ると、ちゃんとNHKが見られるでしょ。

 

しかも、法律で決まっているのだから、ちゃんと受信料を払ってねってことだけど、じゃあ、BSのNHKは、ちゃんとスクランブルかけているし、(一部、朝ドラとかはかけてないけど)あと、民間のスカパーとかWOWOWとかも、ちゃんとスクランブルかけて、見たい人はお金を払って見てね、ってことになっているのは、極、理にかなった取り扱い方法だと思う。

 

地上デジタルNHKだけが、絶対にみられるのだから、ちゃんと受信料を払って、ってのは、個人の選択権を無視した制度だと思う。

 

地上デジタルNHKも、ちゃんとスクランブルかけて、見たい人は受信料払ってね。見たくないなら、受信料は払わなくてもいいけれど、紅白歌合戦も、NHKニュースも、あと、自分の好きな将棋トーナメントも見られませんよ、ってことをちゃんと言ってくれれば、それは、それで、納得して、じゃあ、払おうって人は払ったらいいし、そんなんだったら、いらないし、受信料を払わない、っていうのも個人の選択肢であってもいいのではないかと強く思う。

 

つまりは、強制的に払わされるってのが時代錯誤であり、自分のお金を、何に使うか、ってのは、個人の選択権があるにもかかわらず、それが選択できない状況はおかしいのではないか、って思うわけです。

 

例えば、税金については、これだけの収入がありました。だけど、税金は払いたくないので、払いません、ってのは、これは問題外。

 

だけど、NHKは見ていませんし、見る気持ちもありません。ってことであれば、それは、受信料を払わなくてもいいのではないか、って思うのですが。

 

国とNHKが、ずぶすぶ関係だから、法律的にも、それをくつがえすことはできないことはわかっていますが、まあ、この政党。

 

普段、何の不思議もなく、払っていたNHK受信料をスクランブルかけろ、っていう意思がよくわかるし、一応、今回の選挙による、政党要件もクリアして、政党助成金も受けられるようだから、いきなり、こうしてください、ってことはできないけど、政党助成金を使って、NHKの闇をどんどんと追求して欲しいとは思いました。