行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

潮位観測情報:粟島での潮位変化。これで、津波注意報かあ。出しときゃあ、何かあったとき、文句言われないだろうっていうのはどうだかなあ。

今回の地震で、いろいろな地域の潮位情報を調べたけど、その中で、目立った記録が残ったのは、日本海に浮かぶ、山形県の粟島ってところ。

その潮位変化が次のとおり。

f:id:blog-office-teramura:20190619000021j:plain

実質、10センチにも満たないような潮位変化。

 

潮位は、上げ下げがあるから、その時点での天文潮位が、まあ、この地震で、10センチほど上げ下げがあったってだけの話。

 

これでも、念のため、念のため、ってことで、津波注意報が出たわけだけど、本当に、これくらいしか、変化がないのに、注意報をだすしかないほど、気象庁津波に対する注意報、警報を出す責任者はこれほど、無能なのか、って思う。

 

これ、なんども言うようだけど、本当に、オオカミ少年の通報になることにならないことを望むけど。

 

言っておかないと、もし、なにかあったら、あとで、何言われるかわからないから、ってむやみに注意報や警報を出すことが、どれだけ、市民の不安感だけをさそって、あげくのはてに、誰も信用しないってことになれば、それはとても悲しい結果になるのでは、って思うんだけどなあ。

 

何度も書いて、ちょっと言い過ぎではと、言われそうだけど、それが、人間の行動に大きな影響に反映されるということであれば、もう少し、正確な情報を得られるようにして欲しいな、って思うけどな。