行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

高校野球、近江高校と東海大相模との試合は、予想外の結果になりましたね。あれだけエラーが出るってのは、甲子園という雰囲気の中では責められないよね。

今日の高校野球、甲子園。

 

近江高校東海大相模との試合は、僕にとっては残念な結果になってしまいました。

 

近江高校の林優樹投手は、とてもよく頑張ったと思いますが、まさかのエラー続出で、残念な結果とはなりました。

 

県大会で、失策なしのチームが、甲子園という大舞台になれば、やっぱり高校生だし、普段の実力を出せ、っていうほうが、だいたい無理なのかもしれない。

 

まさか、ノーヒットで、1点とられるなんてことがあるとはね。あれで、近江高校の野手みんなが、なんとも言えないプレッシャーを感じてしまったのではないか、と思っています。

 

結果的には、林優樹投手は、失点6、自責点1、ってことだから、エラーさえなければ、とか、あのときにタイムリーがでいてたら、とかの、たらればの話はしたくないけど、今日は、近江高校の最高の試合ができなかったことは、とても残念だった。

 

だいたい、高校生に、あれだけ超満員の甲子園という舞台で、冷静に試合をしろ、ってこと自体が無理な話なのかもしれない。

 

そう考えれば、今日は、相手のほうがメンタル的に強かった、ってことなんだろうか。

 

また、秋の大会が、しばらくすると始まる。

 

近江高校には、また、秋の大会で頑張って欲しいし、近畿大会で良い成績を残して、来年春のセンバツに、そして、来年の夏の大会に出て欲しいけど。

 

僕は、いつまでも、地元として、ものすごく応援します。