行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

いよいよ、今日からCPAP治療が始まります。クリニックで、使い方と装着方法をレクチャーしていただきました。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法としての、CPAP治療。

 

鼻から、強制的に空気をのどに送り込み、睡眠時の、無呼吸を強制的になくそう、っていう、治療方っていうか、これで、将来は、CPAP治療が必要なくなる、っていうものではなく、もしかしたら、今後、一生、お世話になるかもわからないというものです。

 

今日、クリニックで機器レンタルの会社の人から、レクチャーを受け、実際に、CPAP治療器を受け取ってきました。

 

f:id:blog-office-teramura:20190716174425j:plain

これが、マスク部分です。鼻だけのマスクかと思いましたが、最初は、鼻と口の両方を覆うほうが慣れるまではいいらしく、このタイプとなったようです。

 

f:id:blog-office-teramura:20190716174445j:plain

これが、CPAP治療器本体です。ボタンを押すと、ホースを通して、鼻と口に、空気を送り込む仕組みです。

 

メーカーはアメリカ、フィリップス社製とのこと。この分野では、日本製は、まだ、開発途上にあるようです。

 

なお、毎日のデータが、内蔵されている、モバイルルーターにより、データが毎日送られて、その結果が、次のクリニックの診察の時に、データを見て、先生からのアドバイスが受けられるそうです。

 

クリニックでの体験と、家へ帰ってきてからのちょっとしたお試しセッティングでは、ちょっと、違和感があり、これで、本当に無呼吸がなくなるのか、っていうことよりかは、これで、本当に寝ることができるのだろうか、ってことを強く思った感じです。

 

レクチャーでもおっしゃっておられましたが、なかなか慣れるまでに時間がかかるそうで、最初は、30分も持たなくて、やめる人もいるようです。

 

でも、それでいいらしく、だんだんと、時間を延ばせていけるように慣れることが大切です、っていうことです。

 

さあ、これで、睡眠時無呼吸症候群が治るのか、イビキはなくなるのか。

 

おそらく、その結果は、まだ、たぶん、報告するのはまだ先だとは思いますが、体験談はご報告ができそうです。