行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

吹田の、交番襲撃事件。無事解決でよかった。僕の予想とはだいぶん違ったけど。

昨日、ブログで、犯人は相当な計画を持って、人を拳銃で殺傷する目的があっての行動だろう。そして、犯人は、もはや、遠方に逃亡しているだろう、って書いたことが、まったくはずれて、隣町の山の中で逮捕された、ってことで、僕の予想が違ったとはいえ、無事、逮捕されたことは本当に良かったと思う。

 

犯人は、いったい、何を目的にしていたのだろうな。

 

精神疾患があるって書いてあったけど、それは知的障害とは違うもので、また、中学生時代も、よくある、目立たない人間じゃなくて、ある程度、人気があり、また、大学も東京の一流大学を卒業したということで、いわゆる、落ちこぼれってわけでもない。

 

その彼が、どうして、こういう凶行を起こしたのかってのは、本人自身が、健康で逮捕されたわけで、今後、その動機とか、感情とかが判明されるのであろうとは思うけど。

 

とにかく、逮捕され、拘束されたってことは、本当によかったけど、今後、起訴されて、裁判でどういう判断がなされるのか。

 

被害にあった警察官は、まだ、意識不明の重体だというし、その責任とあわせて、拳銃を奪って、市民に対して、ものすごい恐怖を与えたっていう罪は、たいへん重いものとはなるだろう。

 

ただ、仮に、被害を受けた警察官が命を取り留め、拳銃による、他の事件も犯さなかったとなれば、まあ、これまでの裁判での例から言うと、せいぜい、懲役10年から12年、ってところだろうか。(襲撃された警察官が死亡すれば、また、別だけど)

 

まだ、30代前半で、40代なかばで、シャバに出たとしたら、また、何を起こすかわからないしな。

 

そういうやからが、今後も、わたしたちの近くに住むこともあるかもしれない。

 

また、それを防げる方法もない。

 

なんだか、いやな世の中になったもんだ。せめて、一度そういう犯罪を犯した人間には、GPS埋め込みで、常に、居場所を確認できて、それを、一般市民に公表して欲しいって気持ちもあるけど。

 

まあ、それも、しょせん、無理な話だってことか。