行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

今年も、トヨタ一人勝ちのル・マン24時間レースが始まったが。なんか、いやだな。やめればいいのに。

今年も、ル・マン24時間レースが始まったみたいだ。

 

ポルシェも、アウディも撤退したあと、いまだに、未練がましく走り続けているトヨタ

 

基本的に、自動車の持っているポテンシャルが全然違う自動車相手に、唯一、一流ドライバーと、多額のお金を使って、ル・マンに勝つ必要があるのかどうかは、メーカーの意識の問題だからわからない。

 

たぶん、これで勝つことによって、より、販売力が上がるってことなのだろうか。

 

しかしながら、なんだか、高校野球滋賀県予選の大会に、唯一、プロ野球チームが出場しているような感じで、まあ、勝っても当たり前で、ましてや、負けるようなことがあれば、それこそ、トヨタのイメージダウンは避けられないだろう。

 

っていうか、出場すること自体、イメージダウンにつながっているんじゃないのかな。

 

ル・マン24時間レースといえば、以前は、いろんなメーカーが、それこそ、勝つために、ものすごいお金と、労力と、体制を整えて、それですらも、なかなか勝てないってレースだったはずなのに、いまや、なんだか、わけのわからない、プライベートチームの中で、どのチームが勝つか、っていうレースに成り下がっていて、トヨタだけが、仮に勝ったとしても、なんの意味もないレースに成り下がっているのが現状ではないのかな。

 

まあ、勝ちたければ勝てばいいけど、僕は、トヨタの思いがわからない。