行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

電車は、駅に行ってすぐに乗れるけど、飛行機は少なくとも30分以上前にいかなくちゃならないのは、なんだか面倒だけど

30日、31日と、東北への旅行へ行きますが、伊丹空港発、仙台行きANAは、9時55分発。

 

自宅から、駅が近ければ、その時間に合うように、駅に行けばいいわけで、もし、最悪、電車が運転見合わせになったとしても、自動車に切り替えることもできる。

 

今回、彦根駅で乗る新快速を決める際に、いろいろと考えた結果、彦根発6時18分発の新快速に乗ることを決めました。

 

f:id:blog-office-teramura:20190528172911j:plain

 

この6時18分発の新快速に乗ると、新大阪着が、7時39分。

 

新大阪から、伊丹空港へのバスが、20分おきなので、乗れるのは、新大阪8時ちょうどのリムジンバス。

 

それに乗ると、伊丹空港南ターミナルが8時25分着。

 

飛行機が、9時55分発なので、まあ、30分前だとすると、9時25分になるので、ちょうど1時間早く着くことになります。

 

ただ、前にも話したように、電車は、なにがあるかわかりませんからね。

 

突然、駅や踏切で、自らの命を絶つ人もいるわけで、あるいは、停電があったり、架線支障とか、いろいろとあるし。

 

だったら、自動車で行けよ、ってことかもしれませんが、高いし、自動車でいっても、高速乗っている途中で、大事故が発生したら、結局同じことだしね。

 

とにかく、彦根から、伊丹空港なり、中部国際空港へ行くときは、かなり、時間に余裕を持っていかなければならない、ってこと。

 

飛行機、好きなんだけど、これがなければなあ、とは思います。

 

行きは、右側窓席。帰りは、左側窓席。flightradar24で確かめると、ちょうど、長野県の諏訪湖付近上空を通るようなので、富士山が見えればいいな、って思っています。

 

今年は、富士山見られなかったし、まだ、山梨側は雪がたくさん残っていると思うので、仮に曇っていても、雲の上に雪をかぶった富士山が見られたら最高ですけどね。