行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

携帯電話、新プランが発表されて、安くなると思いきや、まったく安くならない現状がそこにあった。ドコモにはがっかりだ。

ドコモスマホを2台(1台は嫁用)として使用していて、この6月からはじまる、ギガホやギガライトとかにすれば、4割ほどの料金の減額が可能だ、ということなので、先日、docomoショップに、今後のシミュレーションをしたくて、事前予約して、行ってきた。

 

で、結論は最初に言いますと、新プランになっても、現状の料金体系は変化しても、毎月払う金額に、ほとんど変化がないばかりか、逆に高くなる可能性もあるということがわかった。

 

これはどういうカラクリかというと、確かに、新プランは、その料金だけで言えば、安いんです。だから、docomoは、4割も安くなるって言っているみたいなんですが、そこには、おおきな壁がありました。

 

まあ、ここまで書けば、分かっている人は分かるとは思いますが、ようは、購入した携帯電話本体の残債が残っていて、それが、今までは、月々サポートという名前で、10万円する携帯が、実質2万円ですよ、ってところが、この新プランでは、月々サポートがなくなるので、携帯を24ヶ月分割で払っている人にとっては、まったく、いいろころがなく、シミュレーション次第では、逆に高くなる可能性もあるということがわかりました。

 

もし、この新プランで、安くするのであれば、残債を全部払うか、NFCが使えない、新しい機種を買って、今の携帯をオークションで売却するか、とにかく、携帯電話本体の残債をなくすことが、安くなる条件だということなんです。

 

ただ、おサイフケータイは、今や、自分にとっては、なくてはならない状況になっています。

 

PayPayなどの、QRコード決済は、確かに、NFCがなくてもいいですが、わたしが主に使うのは、d払い。Edywaon、あと、モバイルSuica、等々、全部が、NFC決済なので、おサイフケータイに対応していない機種は、使うことができません。

 

そうなると、やはり、SIMフリーで売っている格安スマホではなく、NFC対応の機種に限られてきて、そうなると、どうもドコモとの縁が切れそうにないのです。

 

もちろん、残債がなくなり、そのまま、その機種を使うという前提であれば、料金は、確実に安くなりますが、はたして、その残債を払い終わったときに、そのまま、今の機種を使い続けるかどうか、っていったら、たぶん、新しい機種が欲しくなるのは、目に見えています。

 

そこらあたりも、ドコモも、ちゃーんと計算したうえでの、今回の、新プランの導入なんでしょうね。

 

なんか、菅官房長官が、携帯電話料金を下げて欲しい、って号令かけたから、各社、それに従ったのかと思ったら、全然そうではなかったという、本当に、腹立つし、もう、いっそのこと、どうせ、外でモバイル通信なんか、ほとんどしなくて、家で、Wi-Fiでつなかっているだけだから、格安スマホに変更してもいいかな、なんて思ってはいますけど。

 

まあ、でも、メインキャリアを変更するってのは、なかなか勇気のいることだし、そうは、簡単に、変更できない仕組みができている以上、このまま、ドコモのいいなりになるしかないか、と感じたことでした。