行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

豊島将之2冠が、名人になることがほぼ確実になりましたが。そんな中、知らぬ間に、永瀬拓矢さんが叡王のタイトルをとっちゃいましたね。

佐藤天彦名人に、名人戦で挑戦している豊島将之2冠が、名人戦で、3連勝。

 

まあ、これで、佐藤天彦名人が、4連勝しない限りは、豊島将之2冠が、めでたく、豊島名人になることが、ほぼ、確実・・(んなことはないと思いのかたも多いでしょうが)となりました。

 

豊島2冠は、名人を取ることで、どういう称号になるのでしょうね。基本的には、名人と竜王であれば、それを優先するということだと思うので、3冠だけども、豊島名人ということになるのでしょう。

 

豊島先生は、前から、実力を持ちながら、なかなかタイトルには縁がなく、昨年から今年にかけて、いちばんブレイクした棋士なんだろうと思います。

 

ところで、8大タイトルのうち、いちばんマイナーな叡王戦において、なんだかわからないけど、永瀬拓矢さんがタイトル奪取したということで、いちおう、いや、正式に、タイトル保持者になったという事実を知りました。

 

叡王戦って、8大タイトルとはいうものの、歴史が浅いし、なんか、もうひとつ花にならないタイトルではありますが、それでも、タイトルを奪取した永瀬拓矢叡王には、おめでとうございます、という気持ちです。

 

確か、叡王の優勝の賞金は、けっこう高くて、他のタイトルより高かったような気もするんですが、あまり、話題にならないってのは、やっぱり歴史がまだないからだ、ってことなんでしょうね。

 

まあ、来年あたり、いや、今年度からかもわからないけど、藤井聡太七段が、このタイトル争いに出てくると思うので、その活躍を期待するとともに、やっぱり、わたしの永遠のファンである羽生善治先生に、なんとか、タイトル、100期をとって欲しいっていう気持ちもありますし。

 

まあ、今年度の将棋も、とにかく目が離せません。すべての棋士が切磋琢磨して、いい将棋をしていただけることを期待しています。