行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事、また、家系図の作成もやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

年金はいつからもらうのが得なのか、究極の選択だわ

年金っていつからもらうのが得なんでしょうね。

 

まあ、最初に結論を言うと、そんなこと誰にもわかりません、神のみぞ知る、ってのが正解なんですが。

 

通常、65歳からもらえるという年金(厚生年金、旧共済年金と老齢年金等)ですが、65歳にならなともらえないとかというと、そうではありません。

 

実は、60歳になれば、繰り上げ支給ということで、もらうことができます。

 

ただし、本来、65歳なのに、60歳でもらえるなら、そっちの方が得じゃん、って思うと、これがまた、ちょっと違って、基本を65歳支給を標準とすると、1ヶ月早くもらうことによって、本来もらえる金額から、0.5%/月が減額されて支給されることになります。

 

ひと月で、0.5%ですから、1年、12ヶ月早く、64歳から支給を受けると、0.5%×12ヶ月=6%が減額された金額が支給されることになるのです。

 

ちょっと、簡単な表にしてみると、

65歳支給 100%

64歳支給 94% (100%-(0.5%×12ヶ月))

63歳支給 88% (100%-(0.5%×24ヶ月)) 

62歳支給 82% (100%-(0.5%×36ヶ月)) 

61歳支給 76% (100%-(0.5%×48ヶ月)) 

60歳支給 70% (100%-(0.5%×60ヶ月))

という式が成り立つのです。

 

つまり、本来、65歳から支給される年金を繰り上げて、60歳から支給されれば、65歳の本来なら、100%もらえる金額が、70%しかもらえないことになります。

 

それでも、60歳からの支給を受けている人がたくさんいますし、僕個人の考え方でいけば、それは正しい選択だと思います。

 

今、国は、逆に、繰り下げ支給して、より多い年金を得られるようにしましょう、と盛んにアピールしています。

 

これには、裏があって、みんなが、70%でもいいから、60歳支給をされちゃったら、年金財政が完全に破綻するから、せっせと、繰り上げ支給(70歳からもらえば、結局、お得ですよとのPR)して、いっぱい年金をもらいましょう、って言っているのです。

 

つまりは、年金の先送りをして、とりあえず、今の年金財政を保とうという、まさに、自転車操業状態なんです。

 

しかし、年金政策。これまでもそうですが、年ごとに、どんどんと変わってきていますよね。

 

今でこそ、65歳支給を標準としていますが、定年退職を65歳にして、標準の年金支給を70歳からにしようとたくらんでいるのは見え見えです。

 

たしかに、平均寿命というのは、高くなりました。

 

女性で、80代なかば、男性でも80くらいでしたっけ。あまり詳しくはしらないけど。

 

で、話は前にもどり、たしかに、それだけ生きれば、年金を標準より遅らせて支給を受けた人が最終的に得をする、というのが、現在の状況での説明なんです。

 

ちなみに、70歳支給は、ちょっとおいておいて、60歳支給と65歳支給で、いったい、どの段階で損得が現れるのかについて説明します。

 

答えは、今の制度がそのままであれば、という前提で76歳以上生きれば、得になります。(今の制度がそのままであればという前提ですよ)

 

つまり、75歳までは、60歳で繰り上げ支給したほうが、得になるわけです。

 

平均寿命が80だから、っていうけど、80歳の人間がはたして、お金使えますか?

 

本当に欲しいのは、60代から70代前半くらいまでじゃないですか。

 

もちろん、それまでに死んじゃう人も多くいるわけだし。

 

自分は、昔から病気なんてしたことない。自分は、100歳まで生きる、って自身があるのであれば、たしかに、65歳の通常、もしくは、70歳からの支給をしたほうがお得になるでしょう。

 

しかし、例えば、持病を持っている人、親から、ガン系の遺伝を受け継いでいる人は、まあ、多くで、75歳までに死ぬ可能性が高いのです。

 

さらに言えば、76歳以上生きれば、65歳支給のほうが得だというのは、今の制度が、永遠に変わらなく、また、その財源も確保できているという条件があってのことです。

 

国が言っているのだから間違いないだろう、なんて思っていたら大間違いです。最近の国の統計不正においても、政府が景気が上がっているといいながら、全然その感覚がないと思っていたら、それは、実は、国の役人が忖度して、数字を操作して、好景気だと世間に知らしめていた、ということが判明しました。

 

つまり、今後、国の言うことを信用して、それで生活することを否定するわけでは決してありませんが、まあ、普通に考えて、これから、ますます高齢化、少子化が進んでいくなかで、普通に年金財政が健全な状態になるとはとても思えません。

 

かなり近い将来、年金制度が、大きく変わることは確かです。

 

今の政府を信用して、政府がアピールしている、繰り下げ年金を選択するのか、通常の65歳支給を選択するのか、あるいは、60歳からの繰り上げ支給を選択するのか。

 

これは、自分の将来と、日本の将来のふたつの要件によって、大きくかわってきます。

 

選択するのは、あなた自身です。どれを選択するのも自由です。

 

ただ、私自身は、持病も持っているし、将来の年金財政に期待が持てないので、60歳になったら、即、支給を受けようと考えています。

 

7割支給ですが、75歳まで生き抜く自信もありませんし。

 

まあ、これはわたしのたわいもないひとりごとですので、決めるのは、あなたですから、わたしのこの発言は、適当に聞き流してください。