行政書士寺村事務所のブログ

滋賀県彦根市の行政書士寺村事務所です。自動車関連のお仕事や、相続関連のお仕事をやっております。どんなことでもかまいませんので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

彦根の豪雪。今日になっても、あちこちで道路の渋滞が発生。もはや、国、県、市ではどうしようもない状況だと思うが、生活に支障が出て、命にかかわるようなことになるのだとすれば、自衛隊の出動も必要なのではないかな。知事はまったくそんな考えはなさそうだけれど。

もはや、この彦根の豪雪には、自動車の運転は無理ってことはわかっていて、今朝、息子は仕事納めだったんだけれど、悪いけど、会社まで歩いて行ってくれ、と頼んだんだけれど。

 

昼前に、近くのスーパー、ビバシティ彦根まで歩いて行くつもりだったんだけど、ちょっと他にどうしても行く用事があり、やばいかな、って感じながら、自動車を駐車場から出す羽目になった。

 

で、いきなり、自宅前の道路でスタック。まあ、わかっていたけれど。車を降りて、タイヤ下の雪を取り除こうと思っても、雪が圧雪されカチンコチンの状態で、なかなか、取り除けない。幸いにも、お向かいさんが、金属製スコップで自動車のタイヤ前輪の雪を取り除いていただけたので、無事に、前面道路まで進出。

 

雪国出身の僕が、彦根の人に、助けをいただくとは・・、と思いながらも、なんとか、除雪された道路に進出することに成功。お向かいさん、ありがとうございました。

 

まずは、食料調達のために、ビバシティ彦根まで。ビバシティ彦根は、昨日も歩いて行ったけれど、立体駐車場のスロープに、融雪用の水がまかれているので、比較的容易に、立体駐車場への駐車に成功。

 

昼メシは、たぶんないだろうけど、晩メシは、なんとか工夫すれば、なんとかなるって信じて行ったのだけれど、案の定、肉系はほとんど無し。

 

あと、おにぎり、寿司系も、高いものを除いては、まったくなし。

 

昼から高級な寿司を食うわけにもいかないので、カップラーメンを購入。

 

今日の昼はカップラーメンにってことになりました。

 

あと、晩メシは、肉がないけれど、魚系はありましたので、タラ鍋にすべく、タラと、ホタテ、あとは、白菜、ネギ、シイタケ、エノキを購入して、今晩の夕食は、タラ鍋として、生きていくことができそうです。まあ、こんな中で、ぜいたくですね。

 

白菜は、昨日よりだいぶん少なくて、残り少ない中から手に入れることはできましたが、明日も仕入れが無理だと、明日の夜は、白菜抜きの鍋になるかもしれないですね。

 

買い物が終わって、次の用事のために、目的地まで行ったのですが、その帰り。これが、また、大型トラックがスタックしているということで、あと、自宅まで500mというところで、まったく車が動かない状況に。

 

どうやら、国道8号の高宮交差点で、大型トラックがスタックして、高宮交差点がまったく動いていないってことを、たまたま、走ってきたパトカーがスピーカーで伝えていた。

 

なるほど、そうであれば、もはや、この道を通っての帰宅は不可能と考え、急遽Uターンして、自宅から、遠く離れた道路を遠回りして、最短で帰れるコースを、まわりの状況を見ながら判断して、おかげで、なんとか、自宅まで帰れることができました。

 

彦根は、今でも、とんでもない状況になっています。

 

今日のビバシティ彦根も、生鮮食料品はほとんどなし。コンビニには、駐車もできない状況であれば、もはや、コンビニの中には、ほとんどの食料品はないっていう状況でしょう。ってか、まず、自動車を駐車することすらできない状況だからね。

 

お年寄りの中には、宅配サービスで、野菜などの食料品を自宅まで運んでくれるサービスっていうのもあって、多くの高齢者の一人暮らしとかは、それを利用しているのでしょうけれど、基本的に、ここ彦根においては、流通というものが停止してしまっている状況なので、本来、自宅に届くはずの食料が届かないっていう状態が、少なくとも2日は続いているっていう状況だわな。

 

これって、明日になれば解消するのか、ってことにはならないことは、この状況を見ればわかるので、このままだと、明日も明後日も、まともに、道路の渋滞がなくなることは絶対にないとは思う。

 

そうであれば、この状況を打破するためには、もはや、国、県、市の対応だけでは、不可能だろう。ここは、もはや、人命に関わることであれば、自衛隊の出動っていうのも考えなくてはいけない、いや、自衛隊の出動が必須であるとは思うけれど、それに対して、滋賀県知事は、まったくその考えはなさそうだ。

 

雪がまったく積もっていない大津で、のんびり暮らしている滋賀県知事には、この彦根の状況、それによって、死ぬ人がいるかもしれない、っていうことが、はっきり言って、理解しているのかどうか、ってのが気になる。

 

もう、本当に災害なんです。彦根においては。

 

別に、自衛隊を出動させて、普通の生活に戻してくれ、って言っているわけではない。

 

僕らみたいに、歩けるひとは、例え、カップラーメンであっても、なんとか空腹を補えることはできるけれど、高齢者の一人暮らしとかは、そうではない、ってことがわかっているのかな。いや、それを伝えなきゃいけないのかな。

 

マジで、この豪雪で、死ぬ人がでるかもしれないし。後になって、ああ、あのときに、自衛隊を出動しても、死ぬ人がなくなるようにすればよかった、なんてことになれば、その時は、滋賀県知事が、殺人者となると言っていいとは思うがどうだろう。

 

ここまで言うのは、本当に今の彦根が、とんでもない状況が続いているってことなんだよ。確かに、気象台のアメダスでは積雪量が減ったから、もうこれで、ピークは過ぎたか、ってことなんだろうけど、雪のピークは過ぎても、流通のピークは、今日、明日、明後日と、ますます悪くなっていく可能性もあるしね。

 

そのことを滋賀県知事は理解しているのか、もし、理解しているのであれば、さっさと、自衛隊の出動を決めてもいいかとは思うけれど、なんだか、豪雨や、台風や、地震や、ってことじゃないと、なかなか、自衛隊の出動を要請できない、ってことであれば、豪雪の被害っていうのは、それと同等か、あるいは、それ以上の被害を被ることになるっていうことをお伝えしたいし、それを理解して欲しいとは思うのだけれど。

 

#彦根

#雪

#災害

#自衛隊

 

彦根の豪雪。多くの家のカーポートが、倒壊していた、って話を、息子から聞いた。僕は、彦根でも多くの雪が積もる可能性を知っていたから、耐積雪80センチのカーポートを作ったのだけれど。それでも、やばい感じだわ。

息子が会社から、自宅へ帰ってくる途中で、多くの家のカーポートが、中央から真っ二つに折れて、倒壊していた、って話を聞いた。

 

僕は、年齢もそこそことっていて、過去の例も知っているので、この春に耐積雪80センチ、耐風速46メートルのカーポートを設置したのは正解だった。

 

彦根の気象を知らない多くの人は、耐積雪、耐風速に対応していないカーポートを設置されているのですが、これだと、だいたい、50センチの積雪や、瞬間最大風速、30メートルで崩壊する恐れがある、ってことなので、その結果が、今日、実証されたってことか。

 

まさか、彦根で、70センチを超えるような積雪量があるなんて、多くの人は知らないし、瞬間最大風速だって、まさか、40メートルを超えるような風が吹くなんて思っていないから、簡易的なカーポートにされたんだろうけど、結果的には、それによって、今回、大きな被害を受けることになったのでしょうね。

 

正直、自宅のカーポートも、これだけの雪に耐えられるのか、ってのははっきり言って自信がないのだけれど、それをわかったとして、カーポートの屋根の雪を落とすべき、ハシゴもなんにもないから、あとは、雨が降って、雪が重くなることがないように、ってことと、一日もはやく、雪がとけていってもらえれば、ってことなのだけど。

 

ご近所さんで、簡易的なカーポートをされておられる方は、そのことを知っておられるのでしょう。しきりに、カーポートの上に積もった雪を、なんとか下に落とそうと頑張っておられましたね。

 

もし、火災保険に入っていて、雪害ということで、カーポートなり、下敷きになった自動車なりの修理費が保険で補填されればいいのですが、そのあたりは、人のことですので、まったくわかりません。

 

僕は、前に住んでいた住居において、雪害による雨どいの修理や、台風によって、隣から、屋根が降ってきた、っていった大きな被害に会っていましたが、いずれも、火災保険で保証されました。

 

今回の豪雪で、カーポートが倒壊した人にとって、火災保険で、それが保証されればいいんですけどね。

 

#彦根

#豪雪

#カーポート

#火災保険

 

午後4時過ぎに、息子が会社から帰ってきた。会社から早く帰れというお達しがでたようで、会社から自宅までの、約4キロを歩いて帰ってきたとのこと。

今朝、息子を会社まで送って行ったのだけど、もう、帰りは無理だから、歩いて帰ってきてね、とは伝えていたけれど、午後4時過ぎに息子が会社から帰宅しました。会社の考えとして、今日は、遅くまでは働かせることは不可能だ、と判断されて、早く帰れというお達しがでたようです。

 

自宅から会社まで、約4キロほど。普通に歩けば、1時間以内で帰れるとは思いますが、この雪道では、そうはいかず、1時間以上かけて帰ってきたとのこと。

 

明日はどうなの?って聞いたら、通常通りの仕事だということで、もはや、僕が、自動車で送って行くことができないので、歩いて出勤してね、って頼んだのではあるのだけれど。

 

せめて、JR琵琶湖線が動いていれば、歩く距離も少なくなりいいのだけど、この雪の影響は明日も続くだろうと考えれば、まあ、歩いて会社までたどり着くことができればいいな、ってことは思うけどね。

 

今日の昼前に行った、スーパーの平和堂ビバシティ彦根は、今日は、通常午後9時までの営業だけど、午後7時で終了とのホームページでのお知らせがあったね。

 

明日は、営業してくれるのかなあ。いちおう、家を出る前は、営業しているかどうかを確認してからじゃないと、だけどね。もし、臨時休業となれば、どうやって、食料調達するかを考えなきゃいけないしなあ。コンビニだって、どうせ、車が動いていないのだから、新しいものは、何にもないだろうし。下手すると、カップラーメンすらもないことになるかもしれないしね。まあ、家には米と塩はあるので、ご飯を炊いて、塩を振って食えば、飢え死にするようなことはないだろうとは思うけれどもね。

 

明日は、ビバシティへ行っても、肉などの生鮮食料品はないだろうから、どういう晩ご飯になるのかはわからないよ、ってことは家族に伝えたよ。

 

今朝から、ラジオを聴いていたのだけれど、ラジオの出演者は、京都市在住の人や、滋賀県でも大津市野洲市にすむ芸人だから、なんか、北部では雪が多いようですね~なんてのんきな事を話していて、ここ彦根では、本当に人の命にかかわるような災害級の豪雪なので、なんか、聴いていて腹が立つので、途中で聴くのをやめました。

 

この状況を把握できていないのだから、仕方ないとは言え、彦根をはじめ、豪雪でとんでもない状況になっている地域があるというのに、まるで、他人事のような、そういう話し方が、めちゃくちゃ腹が立ちました。

 

阪神大震災の時も、現場からの情報がこなくて、東京では、まるで神戸の地震を他人事のように伝えていたことを思い出しましたね。

 

今は、SNSが発達しているのだから、みんな、豪雪のことをもっと発信すればいいし、実際に発信はしているのだけど、それが、ハッシュタグにひかからないので、現実には、実際にどうなっているのか、っていう情報が全国的になったのは、昼を過ぎてから、実際にテレビで映像として全国ニュースになってからっていうことだったとは思うけど。

 

彦根の大雪警報が解除されたけど、たぶん、京都や大阪の人にとっては、警報も注意報も解除されたら、彦根の雪はなくなったのかな、って思うんだろうけど、これからが、いちばん困るんですよね。

 

道路は、雪が積もったばかりは、比較的走りやすいんだけど、明日、明後日と、道路の雪が除雪されたり、とけたりした時。この時が、もっとも自動車での走行ができない、ってことなんだけど、それがわかってない人も多いからなあ。

 

さてと、明日は、多くのサラリーマンは、仕事納めということになるんだろうけど、休日も仕事だという人も多いはず。

 

その人たちが、なんとか、雪のことでつらい思いをされることがないように祈るだけです。

 

僕が、言いたいことは、豪雪地帯が豪雪になったわけではなくて、豪雪地帯でない、彦根という場所が豪雪になって、それが災害級であり、人の命にもかかわるような豪雪だということで、それを雪が積もっていない場所に住んでいる人にもわかって欲しかったのです。

 

#彦根

#雪

なんとか、昼メシと晩メシは近くのスーパーで買ってきた。平和堂、ビバシティ彦根の中は、客もまばら。生鮮食料品は、ほとんど半額。洋服店などは臨時休業のお店も多かった。

今回の豪雪。彦根における、24時間積雪量が、過去最高の68センチだってことで、やっぱり、自分の記憶の中でも、これほどの雪は記憶にない、っていうのは当たっていたんだね。もはや、これだけの雪は、災害と呼んでいいのかもしれません。

 

さきほど、買い出しに、近くのスーパー、ビバシティ彦根まで行ってきたけれど、朝、多かった自動車も、ほとんど走っていない、って感じでした。

 

ビバシティ彦根の店舗内の、客はまばら。洋服店やジュエリー店なんかは、臨時休業している店舗も多かったです。従業員が出てこられない、っていうのが理由なのか、どうせ、客なんか来ないだろう、ってことだったのかな。

 

食料品売り場も、客も少ないし、あと、仕入れの材料が入ってこないと思われ、肉は、今日までの賞味期限で、すべて、半額シールが貼られている。客がこない状況で、今日の賞味期限内に売り切りたい、ってことなんだろう。

 

今日は、昨日までの仕入れ分があるので、売るものはあるんでしょうけど、明日には、ほとんど売るものがなくなってしまうのではないかと心配してしまいます。

 

まあ、生鮮食料品以外でも、食うものはあるでしょうから、なんとかなるとは思いますが。

 

話は変わるけれど、今朝から、新聞社、テレビ局の取材用のヘリコプターが、自宅の真上を、低空飛行して、爆音を発している。

 

自動車が通らず、静かな中で、ヘリコプターの爆音だけが、いろんなところから聞こえてきて、ひどい時は、腹に響くような、低音の爆音が聞こえるので、これ、なんとかして欲しいです。

 

彦根の雪も、昼現在、だいぶん落ち着いてきたみたいだけど、明日の朝までは、まだまだわからないってことなので、心配です。

 

はやく、雪がとけて平常の生活に戻ってくれることを祈るだけですね。

 

#彦根

#豪雪

#災害

 

彦根の豪雪。とんでもないことになってしまった。彦根で、これだけの雪は、昭和59年の豪雪以来か。あるいは、それ以上のような気もする。ほとんど記憶がないんだよな。

今朝の彦根地方気象台での積雪量は、73センチということで、昭和59年2月10日の73センチに並んで、第8位にランクインしたことになるね。

f:id:blog-office-teramura:20211227091941j:plain

今日は、息子を会社まで送るべく、朝から起きて、カーポートから道路までの2mほどの間の70センチ以上の雪を雪かきして、なんとか、自動車を出して、息子を会社まで届けることに成功したが、もう、いたるところで、自動車が渋滞、もしくは、道路上で止まってしまったトラックなどもあり、いつものルートではなく、なるべく、除雪ができていそうな道路を選んで、送りだすことはできたけれども、もう、この雪の状況だと、しばらく、自動車を動かすことは正直、不可能だと思う。

 

かと言って、食料調達はしなければならないので、お昼くらいに、歩いてビバシティまで行って、なんとか、今日のごはんだけはなんとかしようとは考えてはいるのですが、

 

f:id:blog-office-teramura:20211227091113j:plain

f:id:blog-office-teramura:20211227091125j:plain

f:id:blog-office-teramura:20211227091136j:plain

天気予報では、彦根の雪も、今日までってことだけど、除雪しても結局のところ、雪を、道路の横に寄せるだけなので、実際に車を出せるのは、ある程度、雪がとけてからになりそうです。

 

本当は、仕事で守山まで行く予定はあったんだけど、この雪では、もはやそれも無理だと判断したので、相手サイドには、その旨伝えておこうと思う。

 

しかし、本当に、まいった。

 

#彦根

#豪雪

#大雪

#記録的

どうやら、彦根における、最深積雪量のランキングが変わりそう。このままだと、今日、明日の積雪が、一気に7位くらいまでランキング上げるかも。

12月26日、午後9時の段階で、彦根地方気象台での積雪量は、53センチ。

 

ここ、彦根市中部のビバシティあたりは、すでに、60センチくらいは積もっているのかな、って感じ。

 

で、気象庁のホームページから、彦根における、過去の最深積雪量のデータを取得した。

f:id:blog-office-teramura:20211226215632j:plain

第10位が、昭和17年1月19日の70センチということだし、前に、ブログで書いた、昭和59年の豪雪でも、彦根においては、73センチということだね。

 

現在、彦根における積雪は、53センチで、今でも、雪が降り続けている現状から考えれば、明日の朝には、たぶんだけれど、第8位の昭和59年の記録を抜いて、一気に第8位になりそうな雰囲気ではあるな。

 

昭和59年は、前のブログでも書いたように、自分が仕事上で、たいへん苦労した年だったけれど、どうも、それを超えるような積雪量になるような感じはあるね。

 

まあ、記録を破るかどうか、ってことには、一切興味はないのだけれど、過去の記録が、大正の時代も含めてのことだと思うと、今回の豪雪が、いかに、ひどい豪雪だったかっていうのを考えさせられる豪雪だったんだ、って思うのですが。

 

まあ、わかりません。明日の朝の積雪が、60センチくらいでとどまれば、気象庁の記録更新にはならないでしょうが、生活への影響は多大なものになることは、積雪量に限らず、間違いがないことであり、どうやって、家族の食料調達と、家族の仕事の送り迎えをどうするか、っていうことが必要とされています。

 

今も、窓を開ければ、ものすごく雪が降っていて、このままだと、明日までに、あと、20センチくらいは積もるのかな、って感じですかね。

 

気象庁統計のデータのランキングを書き換えることになるのか、あるいは、なんとか、それまでに落ち着いて、ランキングが変わらないのか、それはわからないですが。

 

いずれにしても、今回の大雪は、彦根の過去の記録を書き換えるかもしれないような、豪雪ということになったことは事実のようです。

 

あとは、生活に支障がでないことを期待するのですが、ちょっとそれも無理っぽいかな。

 

#彦根

#豪雪

#大雪

彦根に何十年ぶりの大雪がやってきた。彦根地方気象台の積雪量は12月26日午後6時現在で、44センチだけど、ここ、彦根中部のビバシティ近くは、確実に50センチは積もっているようだ。

これだけの雪は、たぶん、何十年ぶりなんだと思うよ。

 

確かに、彦根は雪は積もれば、けっこう積もる場所ではあるんだけど、ここまで積もるのは、僕もあまり記憶がないんだよな。

 

昨日までは、ゼロセンチだったのが、今日、一日で、40センチ以上積もったわけだから、どれだけ、その雪の量が多かったか、っていうのがわかるけれど。

 

これだけの雪は、僕の記憶では、昭和56年。まだ、僕が、彦根市役所に勤務していない時。

 

ちょうど、大学生で、地元、滋賀県の旧湖北町で成人式があるということで、自動車を持っている同級生の友人に自動車に乗せてもらって、明日の成人式へと、名古屋から滋賀北部まで高速を飛ばした時のことかな。

 

当時は、携帯電話なんてのもなく、また、インターネットなんてものも無かったから、まともな情報もなく、名古屋から滋賀県北部へ快適に走っていたんだけど、途中、大垣付近から雪がちらほら降り出して、関ヶ原付近ではけっこうな雪に。

 

名神から北陸道への米原ジャンクションで、北陸道方面は大渋滞。すでに北陸道が通行止めになっていて、米原インターチェンジで降りろということなんだけど、米原インターチェンジで降りるために、2時間くらいを要し、やっと米原インターチェンジを降りてから、旧湖北町まで下道を走ったっていうか、ノロノロと動いたんだけど、途中で、どうしても、道路が通れなくなり、北陸道の下だったかの雪が積もっていない場所に車を止めて、あとは、お互い、歩いて帰ろう、ってことで、実家にたどり着いたのは、たぶん、名古屋を出発してから、10時間くらいかかったことを覚えている。

 

あのときで、旧湖北町では、150センチ以上の積雪があったと思うし、翌日の成人式は決行されたのだけれど、多くの女性が、振り袖の晴れ着だったんだけど、履き物は、長靴かブーツだったこともよく覚えています。

 

その後、彦根市役所に勤務するようになった、昭和59年の冬だったけれど、このときも、多かったな。

 

まだ、結婚する前で、湖北町の実家から、彦根まで、250ccのバイクで、通っていたんだけど、途中、何度もこけながら、なんとか彦根市役所までたどり着いた、って感じでしたか。

 

あとは、もう実家にも帰れず、彦根市役所に泊まりながら、24時間体制で、除雪ばかりやっていました。

 

除雪しても除雪しても、次から次へと雪が積もるので、もうどうしようもない状態でしたね。

 

朝の4時くらいに除雪車で、同僚の先輩の運転で、山沿いの除雪にでかけたのですが、途中で、道路と田んぼの境がわからず、先輩も運転を誤って、道路から田んぼに落ちてしまい、除雪はもちろん、走行不可能。半横倒し状態。

 

このままだと死んでしまう、ってことから、除雪車を置き去りにして、二人で除雪されていない道を、なんとか歩いて、近くの集落に飛び込み、助けを求めて家にいれてもらい、そこから、電話を借りて、市役所まで電話したことも鮮明に覚えています。

 

いきなり飛び込んだ、どこの誰だかわからん男二人に、やさしく、お茶をいただいたときの、あのお茶のおいしさは、今でも、忘れられないですね。

 

お母さんと、娘さんがいらっしゃったのですが、もう、前の道は、除雪はできませんので、娘さんは仕事に行こうとしていらっしゃのですが、もう無理ですので、会社に電話して、仕事をお休みすることをお伝えください、って提言したことも明快に覚えています。

 

その時は、昼過ぎだったか、救援の除雪車と、クレーン車が到着し、なんとか、市役所まで帰ることができましたが、ほんと、あのときもひどい雪でしたね。

 

今回の雪は、その時以来じゃないかなあ。僕の記憶にある限り、ここまで雪が積もったことは記憶にないよ。

 

今も、しきりに雪が降っていて、明日の朝は、果たして、どれくらい積もっているのか。

 

息子の会社も、あと、明日と明後日だけなんだけど、自動車で送っていってあげるつもりだけど、果たして、会社までたどり着くことができるのかどうか、っていうのも心配ではあるけれどね。

 

僕の仕事も、やらなくちゃいけないこともあるんだけど、この状況では、それも無理かな、って思っているし、もう、大雪の影響で、できません、っていうしかないか、って思っています。

 

なんとか、明日くらいまでで、雪がやんでくれて、少しでも気温が上がれば、雪も解けて、って期待しているけれど、ここまで積もると、もう、それも無理かな、って、もはや、あきらめですかね。

 

なんとか、食料だけは調達しないとどうしようもないので、自動車が無理であれば、歩いてでも、長靴履いて、食料調達にでかけようかとは考えていますが。

 

もう、ほんと、雪はいらないですね。

 

彦根もいいところなんですが、たまに、こうやって大雪になることがあるので、それが、欠点でもあります。

 

京都や大阪ならば、たまに、雪景色になっても、ああ、きれいだな、で終わるけれど、彦根で大雪が降ると、もはや、生活に影響を与えることになるので、ほんと、困ったものです。

 

僕らは、なんとしてでも生きていけるけれど、お年寄りとか、障害を持っている人たちにとっては、なかなか、外出することもできず、なんとか、食料だけでも、うまく調達できればいいな、ってことは考えていますが、だいぶん心配ではあります。

 

今回、彦根においては、何十年ぶりの大雪となりましたが、これによって、多くの人が困っていると思うので、もし、自分でできることがあるのであれば、なんとかしたいとは思いますが、具体的にどうしたらいいのか、ってことも思いつかないので、しばらくは、状況を見て判断するか、っていうことだけですけどね。

 

#彦根

#大雪